スポンサーリンク

最近、新しく靴を買いました。

それが、ユニクロのニットライトスニーカー!

一色でまとめられた統一感が最高!

 

値段はなんと『1,290円』!!(税込1,393円)

値段の推移が分かりやすいように値札を貼り直しましたが、店頭では重ね貼りされていました。

販売当初は、2,990円+税だったようですが、ここに来て大幅なプライスダウン!

前から気になっていたものの、今履いている靴がまだまだ使えるということでスルーしていましたが、破格になっていたので買ってみました。

 

感想は、『メッチャ良い!けど1点だけ不満がある』です。

 

唯一の不満「靴下見えちゃう」

くるぶし丈の靴下を履いてもちょっとだけ出ちゃうのが唯一の不満です。

 

どっちもモンベルのメリノウール靴下で、色や丈の幅は少ないのです。

ロールアップして履きたいときや短パンを履くときは、「ベリーショートの靴下にする」のが良さ気。

ニットライトスニーカーはメチャ軽い

とりあえず軽いです。

革靴とかでも、靴は軽い方が快適です。(と言いつつ、以前は重たいエアフォースワンとか履いてましたw)

 

ニットライトスニーカーを買うまで履いていたオールスターもどきも、そこそこ軽いのですが、それとは比べ物にならないレベルの軽さです。

 

  • 左が178g
  • 右が181g

27cmです。(コンバースのオールスターで、400~450gくらい)

 

片足が、「サトウのごはん1パック」くらいの重さ(200g)です。

履き心地抜群で歩きやすさ最高

足を入れて地面を踏みしめた時に感じるのは、中敷きのソフトさです。優しさを感じるクッション性です。

中敷きがスポンジのようになっていて、歩いていて足の裏にかかる負担がかなり軽減されているのが分かります。

 

一瞬で「あぁ、これは長時間歩いても足の負担が少なくて済むやつだ。」と理解できます。

愛用していたオールスターもどきは中敷き硬めで、長時間歩くと足が激しく疲労しますw

日本のドン・キホーテで1980円くらいで買った靴。

夏は涼しく、冬はしっかり保温

最初に足を入れたときは、夏場は暑そうだなと感じました。

そして、外側の通気性の良さから、冬場は冷えそうな印象もありました。

 

けれども、履いてみると実際のところは違うんだなということが分かります。

 

冬場に靴が原因で足が冷える場合、地面の冷えの影響を受けます。

つまりソールの厚み、そして中敷きの厚みに大きく左右されます。

寒気は下におりるので、外側の通気性の良さにより多少は冷えそうですが、地面からの冷えに比べたらはるかにマシでしょう!

 

逆に、夏場の暑さ対策は、外側の通気性の良さに左右されます

熱は上にあがりやすいので足の熱気を放散しやすいかどうかがカギとなります。その点で、ニットライトスニーカーは優秀です。

それでいて、ソールはまあまあ厚めなので、地面の熱の影響を受けにくいのです。

ニットライトスニーカーの値下げの理由は何なのか?

個人的に、とても素晴らしい靴だと感じているわけですが、懸念が一点あります。

 

それは、「市場に出回らなくなったらかなしい」という点です。

 

ユニクロという日本のみならず展開している世界企業ですが、店頭に置かれなくなったら手に入れるのは困難になります。靴をメルカリやヤフオクで中古で買うのもイヤですしw

万が一、売れないから値下げしているのであれば、いずれその姿を見ることはなくなります。

 

愛用して履いていくうちに劣化していきますが、交換先が無いのはツライことです。

値下げの理由を検索しても、情報は出てきません。

 

今、自分に出来ることと言えば、ミニマリストしぶさんのように気に入ったアイテムを3点揃えることくらいでしょう!

黒色を3点でも良いですが、せっかくなので”黒2点、白1点”で確保しておくのも手かなと思います。

(とは言え、人気も高いし、無くなるとしてもニューモデルが出るだろうから問題なしと信じています!笑)

 

スポンサーリンク