スポンサーリンク

インビザラインが始まって4週間が経過し、先日再び歯医者に行ってきました。

【歯列矯正日記】ようやくインビザライン開始!

1番と2番のアライナー(マウスピース)を各2週間ずつ装着していました。

 

最初は動き方が少なく、3番から徐々に全体を動かしていく計画らしいので、

はじめの4週間は、言わば準備体操みたいなもんでした。

 

歯の表面にアタッチメントを装着

歯医者に行った際、経過確認をしつつ歯の表面にアタッチメントを取り付けてもらいました。

 

アタッチメントが引っかかりになるので、”歯を動かしやすくなる”のです。

 

ってことで、インビザライン期間終了までアタッチメント付けっぱなし生活が始まりました。笑

 

アタッチメントがあると食事中、気になる

徐々に慣れてきますが、食事中はアタッチメントが気になってしまいます。

もともと体の一部って訳ではないので、違和感がかなりあるんですよね。

 

あと、ネギとかニラ系がアタッチメント部分に引っかかることもあります。

地味に気になるところです。

アタッチメントって取れやすい?

アタッチメントは固く接着されていますが、ポロッと取れてしまうこともあるようです。

その時は、歯医者に出向いて再接着してもらわねばなりません。(めんどくさい)

 

ネット上で調べた感じ、取れちゃったって話はあるものの、取れやすいっていう口コミは見つけられませんでした。

とは言え、取れたら歯医者に行かなければならなくなり、それは面倒ですのでなるべく取れないように努めるほかありません!

 

アタッチメントが取れないために気をつけたいこと

マウスピースの取り外し時が最も気をつけたい時です。

 

歯医者で注意点として聞いたのは、

「マウスピースを外すときは、裏側から丁寧に外すこと」

です。

 

横着して表面からガッと外すと、アタッチメントが引っかかって取れてしまいやすいのだそう。

 

食事のたびに外すことになるので、

裏側から丁寧に、なおかつスムーズに外すことを心がける

のが大事です。

 

歯が痛む=動いている証拠

マウスピースを新しいものに変えるたびに窮屈感があり、痛みがあります。

 

最初のマウスピースを取り付けた時、2番目を取り付けた時にもそれなりの痛みがありましたが、

アタッチメント装着からの3番目は、それまで以上の痛みを感じました。

 

痛みと言っても、全然耐えられるものなので気にするほどではありませんが、

慣れるまでは違和感が結構あって、気になる人は気になるところかと思います。

 

自分の場合は、奥歯が動いて痛むときに結構気になってしまいました。

 

痛みが気になるときには、オルソパルスを使えばスグに気にならなくなるので安心です。

 

オルソパルスを使って、2週間→1週間(3日交換じゃなかった件)

痛みがほぼ無くなるプラス、歯の動きが早くなるというメリットがオルソパルスにはあります。

 

ネット上の口コミを見る感じ、「オルソパルス導入して、1週間→3日に短縮」といった圧倒的時短が目立ちます。

私の場合、3日交換ってことはなく、2週間→1週間に短縮となっただけです。

 

余裕を見ての日数設定なのかは定かではありませんが、今後の歯の動き方次第でもうちょっと短くなる可能性はあります。

 

何よりも大事だなと思っているのが、

  • オルソパルスをちゃんと毎日4箇所に5分ずつ当てる
  • チューイーをぐにぐにと噛む

こういった毎日の地道な取り組みこそが欠かせません。

 

地味な取り組みをするからこその時短だと思うので、面倒くさくてもサボらずに続けたいなと思います!

スポンサーリンク