スポンサーリンク

という記事で書きましたが、インビザライン(マウスピース矯正)の前に、ワイヤー矯正でもって下の前歯を下げねばなりません。

そのために「ワイヤー矯正(前歯だけ)」をしているのですが、「うんざりするほど食べかすが詰まる!!」んですよ。

関連記事:【歯列矯正日記1】下前歯にブラケット装着&ミニインプラント埋め込み

 

最初は、歯間ブラシと歯ブラシでチマチマとやっていましたが、ちょうどいい機会だということで、ジェットウォッシャードルツを購入しました。

私が買ったのは、乾電池式のジェットウォッシャードルツです。→電池式のジェットウォッシャードルツを選んだ理由

使ってみた感想「色々スゴイ」

使ってみた結果、ウワサに違わぬポテンシャルを目の当たりにし、出た感想は「色々スゴイ」ですw

「口の中がドブ臭い」という洗礼

ジェットウォッシャードルツのレビューを色々と見ると、「口の中からドブのニオイがした・・・(´゚д゚`)」というものが多いです。

奥歯の隙間にたまった汚れ、プラークがこそげ取られて、明るみに出るんですよね。その時に臭うようです。

 

私も洗礼を受けました。その強烈なニオイは、まさにドブ!

 

ソフトモードから始めれば血は出ない

ジェットウォッシャードルツを始めた当初は、歯茎からバンバン血が出るという口コミは多いです。

 

が、私は流血沙汰にはなりませんでした。

電池式のジェットウォッシャードルツは、据え置きタイプに比べてパワーが劣ると言われているのも理由としてあると思います。

 

まずはソフトモードから慣らしていき、3日後くらいにノーマルモードに移行しました。

人によっては、電池式ジェットウォッシャードルツのソフトモードでも血が出たりするようです。

それでも続けていくことで、歯茎が健康さを取り戻し、血は出なくなっていきます。

 

しみる箇所があると冬場はツライ

大きめの銀歯があるとしみやすいと思います。金属なので熱伝導性が高いんですよね。

11月くらいの水温でも「ウッ!」と顔をしかめるくらいしみたりするので、冬場はぬるま湯を準備したほうが快適そうです。

 

音は想像以上にウルサイ

動作音はまあまあウルサイです。

ヴィーーーンって音がします。

 

ただ、その音を想定していなかったギャップでうるさく聞こえるだけで、「実際そのくらいの音は出るよね」というくらいのボリューム感です。

 

メタルボンドブリッジ民は必須級

私は奥歯にメタルボンドブリッジを入れています。

永久歯が生えなかった箇所があり、そこに橋(ブリッジ)をかけるようにセラミックの人工歯をはめ込んでいるのですが、そのブリッジと歯茎の隙間の掃除が手間だったんです。

これまでは歯間ブラシを隙間に入れて掃除していましたが、物理的に無理があるのでバッチリ掃除は出来ず諦めモードでした。

 

水流はブリッジの隙間もなんのその

ジェットウォッシャーの水流であれば、ブリッジの隙間くらいなら余裕でお掃除できちゃうわけです!

奥歯に挟まったものが取れたかのようなスッキリ感がありましたね!

 

メタルボンドブリッジ民はジェットウォッシャードルツがあると幸福度が上がると言っても過言ではありません!笑

 

乾電池式のジェットウォッシャードルツを選んだ理由

ジェットウォッシャードルツには4種類あるんですよね。

EW-DJ71-W(新型) EW-DJ61-W(旧型) EW-DJ51-W EW-DJ10-W
タイプ 据え置き 据え置き コードレス(充電式) コードレス(電池式)
サイズ(幅×奥行×高さ) 28.0×12.5×14.0cm(ノズル含む) 17.4×8.4×18.5cm(ノズル収納時) 5.9×7.5×19.7cm(ノズル収納時) 5.1×6.8cm×21.8(収納時14.2)
重量(g) 970g 800g 300g 204g +乾電池の重量
価格 12,800円 8,849円 6,300円 4,077円

 

  • 高い携帯性(軽い、コンパクトに収納可能)で自由度が高い
  • 据え置きタイプで場所を取るのがイヤだった
  • 口コミ評価も十分高い
  • 初めてのドルツだからどれでも満足できる
  • 価格がお手頃

こんな理由で、乾電池式ジェットウォッシャードルツを選びました!

 

結論から言うと、十分満足できています!

ただ、ジェットウォッシャードルツを使うのが初めてなので満足しているに過ぎません。

据え置きタイプに慣れている状態からの乗り換えだったら、間違いなく比較してしまうでしょうから満足度は低くなるでしょう。

 

とは言え、据え置きタイプを買う予定もないので、末永く乾電池式ジェットウォッシャードルツを愛用するつもりです!

ジェットウォッシャードルツ未経験で、これから始めるのであれば乾電池式はアリだと思います!

コンパクトに格納できるので携帯性が高すぎる!

 →格納→ 

だいぶコンパクトになります。(21.8cm→14.2cm)

缶コーヒーくらいのサイズ感ですので、持ち運びラクラクで出先でも使い倒せます!

 

乾電池はエネループor充電式エボルタがお得

「乾電池は100均のでOKかな?」と思っていたのですが、口コミを調べると明らかに充電池の方が長持ちするし、コスパが高いとのことです。

ヘタな充電池を買って失敗したくないと思い、充電池の中でも超メジャー商品であるPanasonic「エネループ」を選びました。

単3タイプと単4タイプに対応した充電器とのセットで1,600円くらいでした。

充電式エボルタの方が少し安かったですが、直感的判断でエネループをチョイスしました!

 

多分、どっちでも十分な働きをしてくれると思います。笑

スポンサーリンク