スポンサーリンク

前回(【歯列矯正日記3】下前歯の圧下はワイヤー矯正&オルソパルスが最強!)からバタバタしてまして、ちょっと間が空いてしまいました。

 

ブラケット外し→マウスピース(保定器具)へ

先日ついに下前歯のブラケット&ワイヤーを取り外してきました!

インビザラインが本格的に始まるまでの間に歯が戻らないためのマウスピースをはめていますが、何だか変な感じです。笑

 

ようやくインビザラインのスタートラインに立てた

私の歯列矯正の流れとしては、

  1. 出っ歯を引っ込めたい
  2. 下前歯が上に伸びすぎていて、出っ歯が収まるスペースが無い
  3. 下前歯の圧下(下にさげる)
  4. 下前歯がさがってからインビザライン開始

となっています。

 

下前歯の圧下が完了し、ようやくインビザラインのスタートラインに立てました!

 

矯正自体は、11月頭からスタートしています。

関連記事:【歯列矯正日記1】下前歯にブラケット装着&ミニインプラント埋め込み

 

 

歯の準備が整ったので、アイテロという高機能マシンで歯の状態をスキャンして、

それをインビザライン本社に送ってクリンチェック(歯を動かしていく詳細な計画)を作ってもらう流れです。

 

インビザラインスタートは4月くらい?

今はそれを待っているという状況です。

クリンチェックが3月中旬~下旬前くらいなので、インビザライン開始は4月くらいだと思われます。

 

歯を抜かないプランもある

無料矯正相談の時に決めた暫定プランでは、

「小臼歯(犬歯の横の歯)を1本抜いてスペースを作って出っ歯を引っ込めていく」

というものでした。

 

先日改めて話をしていった中で、

「歯を抜かずに進めていく(他の歯を少しずつ削ってスペースを作る)やり方もある」

とのことでした!これは正直嬉しいです。

 

歯を抜かないプランを第1希望。

小臼歯1本抜くプランを第2希望。

という感じで、2パターンのクリンチェックが出来るとのことなのでお願いしました。

 

正直、抜歯せずに済むならそれが理想ですからね!

 

永久歯を抜いてしまったらもう生えてきません(´・ω・`)

歯を動かすなり、差し歯を入れるなりしてその空白を埋めることになります。。。

 

とは言え、口の中のキャパシティだったり、顎の構造の問題で抜かざるを得ないこともあります。

ネット上で調べた感じ、女性は何本も抜歯しているケースが多いですね。

私の場合、抜歯せずに進めていける可能性があるのでありがたい限りです。

 

歯医者さんも柔軟に対応してくれるし、色々と教えてくださります。

矯正歯科医院も増えたとは言え、千差万別ですし相性などもあるでしょう。

 

そう考えると、やっぱり医者選びがムチャクチャ重要だなと感じます。

 

スポンサーリンク