スポンサーリンク

前回3月18日に下前歯のワイヤーブラケットを外し、保定のマウスピースをもらいました。

【歯列矯正日記5】歯列矯正の悩みどころ

 

それから約3週間。

ついにインビザラインが完成し、歯全体の矯正が始まりました!

 

下前歯の圧下が始まったのが11月くらいなので、矯正開始から5ヶ月チョットでのインビザライン開始です!

(「圧下=歯を下げる」のをワイヤーにしたのは大正解でした。マウスピースだと時間が結構かかるようです。)

 

インビザラインをつけた感想

歯をギュッと締め付ける感覚が窮屈でありつつも、ついに始まった!という気持ちが強かったです。

取り付け、取り外しは意外と簡単でスグに慣れました。

 

インビザライン前の処置

無料矯正相談の時の計画では、「歯を一本抜いて隙間を作る」といったものでした。

けれども色々と思うところがあり、歯を抜かずに一本一本の歯を少しずつ削って隙間を作るプランにしました。

【詳細記事】【歯列矯正日記5】歯列矯正の悩みどころ

 

上の歯の大半を0.5mmずつ削って隙間を作りました。

なので現在、すきっ歯です。笑

 

インビザラインのケースがフルモデルチェンジ

何かケースが一新したそうです。

 

スタイリッシュなデザインで個人的に、かなり気に入っています。

薄型でポケットに入れてもこんもりしないのが良いです。

 

インビザラインの周期

最初の2枚は、2週間ごとの交換。

その後、アタッチメント(歯を動きやすくするもの)をつけてからの3枚目以降はオルソパルスを使い、1週間で交換。

合計で、たしか23枚くらいだった気がします。(うろ覚えw)

 

私はオルソパルスを購入しましたので、加速させることができます。

ただ、あくまで歯医者さん主導ですので、自己判断でポンポン変えるわけにはいかないようです。(私の場合)

 

ネット上のオルソパルサーたちの口コミを見ると、3日で交換しているとか色々あります。

私の通っている歯医者さんは、現状「3日でオッケー」とは言っていません。

今後の歯の動き次第では、そういった話も出てくるかもしれませんが分かりません。

 

早く交換することよりも、チューイーやオルソパルスを、”しっかり丁寧に行う”のを”毎日コツコツと続けていく”のが何より大事だなと思います!

ああいった地味な作業は続けるのが億劫になりがちですからね!笑

 

次回は1ヶ月後、歯にアタッチメントをつけて動きやすくします。

スポンサーリンク