スポンサーリンク

毎年12月は、面白そうなゲームソフトが目白押しの月ですよね。

今まで12月は数あるタイトルの中からどれにしようかとワクワクしながら迷いながら、1本に絞り込んで、ガッツリとプレイしてました。

 

その後、断捨離を始めたことで色々と考えが変わってきて、”ゲームとの向き合い方”も変化して行きました。

その結果、一切合切のゲームを手放すことが出来ました。

ゲームの断捨離をしようと思う

ニンテンドースイッチという魔性のゲーム機

ゲーム機を手放し、テレビを手放せば、買い戻してまで再びゲームに時間を浪費することは無い!

そう考えていましたが、その隙間を攻めてくるようなゲームが出現しました。

「ニンテンドースイッチ」です。

ニンテンドースイッチって、テレビが無くても遊べちゃうゲーム機なんですよね。(テレビにつないで遊ぶことも出来る。)

 

ニンテンドースイッチが頭角を現した瞬間

ニンテンドースイッチ発売当初は全く興味がありませんでしたが、徐々にゲームタイトルが増えていくにつれ気になる存在に急浮上してきたんですよ。

その引き金となったのが、「スカイリム」です。

スカイリムはその昔、PS3ソフトとして発売した当初、軽く200時間以上はプレイしました。

それでもなお、またプレイしたいと思える魅力があるため、「あ、ニンテンドースイッチ、いいなあ」という気持ちが芽生えはじめました。

 

気になれば気になるほど、ニンテンドースイッチを魅力的だと感じてしまう情報が入ってきます。

例えば、「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」。メチャクチャ面白そう。何十時間でも遊べそう。

どうやら、クリアまででもかなりの時間を要し、さらにやり込むとなるとかかる時間は想像つきません。

「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドを遊び尽くす=膨大な時間を費やす」

自分を冷静にさせるための情報も同時に集めて、ニンテンドースイッチの魔性にやられないように抗っていたのです。

 

とめどなく現れる魅力的ゲームソフトたち

そしてその後、ドラゴンクエストビルダーズ2の発売が決定し、PS4とニンテンドースイッチでプレイできることが判明。

この時、かつて無いほどニンテンドースイッチ欲求が生まれてしまい、Amazon等で価格チェックまでしてしまいました。予約までしたくなりましたが、すんでのところで踏みとどまりました。

 

ドラクエビルダーズは思い出深いゲームソフトです。

発売当初はPS3でプレイし、初日は15時間くらいプレイしてしまうほどハマりました。

その後PS4を買ったあと、PS4版を購入してしまったゲームです。買い直すくらい魅力的なんです。

 

累計で5回くらいプレイしています。子供の頃ならいざ知らず、大人になって繰り返し繰り返し遊んでしまうゲームってそうそうありません。

それくらいハマってしまったゲームソフトですので、続編の発売には心が躍らないワケがありません!!

 

 

ここでニンテンドースイッチとドラクエビルダーズ2を買ってしまったらどうなるでしょうか?

→ドラクエビルダーズ2に鬼ハマリした後、そのままズルズルとゲーム中毒ヤローへと舞い戻ってしまいます。

 

楽しいゲームをプレイする時に出る色んな脳汁ドバドバに支配され、時間を垂れ流すことになります!(パチンコ・パチスロにのめり込んでしまう人と全く同じ状況です。)

 

さすがにまたそうなりたくは無いので、ニンテンドースイッチもドラクエビルダーズ2も買うつもりはありません。(YouTubeのゲーム実況見るだけに留めます!)

 

佐々木典士さん(ミニマリストとしてテレビの取材を受けたり、多くの人を感化する本を出してる方)が、最近ゲームの魔性にやられて「こりゃいかん!」と慌ててニンテンドースイッチを手放したというブログ記事がかなり印象的だったのでシェアします!

習慣とニンテンドースイッチ 佐々木典士

ゲームは時間の浪費です

投資・消費・浪費は基本的にお金の使い方に対して使うものですが、コストという大枠で見れば同じように当てはまります。

 

  • 投資:リターンが見込めるもの。「勉強、筋トレなど」
  • 消費:生活する上で欠かせないもの。「家事、買い物など」
  • 浪費:無駄使い。「ゲームで遊ぶ、テレビを見るなど」

 

かつて、「ワクワク感・楽しさ・高揚感・幸福感」といったプラスの感情が得られるのだから、投資とは言わずとも消費だろう!と思っていました。

ですがその考えは改めました。

 

確かにプラスの感情が得られ、満足感・充実感に包まれます。

でも、その感情って中毒性がハンパないんですよ。

「もっと欲しい!まだまだ足りない!」となりやすい種類の感情ですから、限度がなく逆に満たされません。

こういった点も考慮すると、”自分の欲求・快楽を満たすための時間の使い方”と言えるので、消費ではなく浪費なのです。

はじめの内は消費のようですが、その先の浪費の引き金なので大きい括りで浪費だと考えるようにしています。

 

「一度きりの人生なんだから楽しまなきゃ損」奴w

頑張って自制している人を引き戻すが如く投げかけられる言葉があります。

それが、「一度きりの人生なんだから楽しまなきゃ損」です。

 

パッと聞くと一理ありますが、これほど状況によって変わる言葉もそうありません。

 

自分を抑圧している人が、もっと伸び伸びと人生を楽しむために使う言葉なら、OK!前向きだから○。

自分に甘い人間が、その甘さを正当化するために使う言葉なら、NG!後ろ向きだから×。

 

今の私にとっては、「一度きりの人生なんだから”自分の欲求に支配されていちゃ”損」という感じです。

まとめ

12月のニンテンドースイッチは魅力的すぎるので、メッチャクチャたくさん売れると思います!

買う人を否定するつもりは1ミリもありません。

 

「欲しいけど買ってしまうのは自分にとって良くない」と感じている同士の一助となればと思い書いた記事です。

 

「一度きりの人生なんだから”自分の欲求に支配されていちゃ”損」ですぜ!

スポンサーリンク