スポンサーリンク

最近、1日1食生活をしています。

 

朝は食べません。

昼くらいに、特製のドリンクを飲みます。(プロテインとオートミールの粉末を混ぜたもの)

 

夜のみ食べる1日1食

そして、夕方or夜に固形物を食べます。

夕方や夜に食べることにより、「食べ過ぎたら睡眠の質が落ちてしまう」と自然とセーブできる点があります。

 

夜に食べるメリット

食べるのを1日の後ろの方に設定していると、イレギュラーな状態にも対応しやすいです。

もし、お昼にご飯を食べに行くことになったら、その日は「昼に食事で、夜は特製ドリンク」という風に対応できます!

言っても、絶対に1食じゃなきゃいけない!ってこともなくて、1日1食の効果を得るのが目的なので柔軟に都合いい感じで良いと思っています。笑

 

1日1食をしてみて感じる効果

  • 体がスッキリして軽くなる
  • 頭がスッキリして冴える

これは間違いなく感じます。

むしろ、これを求めて1日1食をしています。

実践する前は、ストイックな禁欲で意味が分からなかったんですが、今は「なるほど!」と唸るような効果を感じています。

 

  • 睡眠時間が短くなる
  • 疲れにくくなる
  • 肌質が良くなる
  • くよくよしなくなる

などの変化がありました。

1日1食をする前から、オナ禁(自慰行為をしない)をしているので、どっちの効果なのかが判断できないものも結構あります。

 

間違いなく言えるのは、『食欲や性欲などの根源欲求をセーブする・コントロールすると、エネルギーが高まる』ということです。

 

1日1食を始めた理由

以前から、”食事で胃腸が消耗している”とは思っていました。

 

  • 「よく噛んで食べる」
  • 「腹八分以下を心がける」

 

というようなことを意識はしていましたが、中々定着させるのが難しいんですよね。

やっぱ食欲は強力ですから、食べだすと難しいです。

特にお酒が入ると、より一層難しくなります。笑

 

それプラス、私は筋トレをして体作りをしているので、「食べる量を減らす=筋肉が減る」というのが前提となってしまっていて中々踏み切れずにいました。

 

胃腸に負担の少ない食生活を探る日々

その後、固形物じゃない水に溶かすタイプの食事(プロテインなど)を上手く活用することで、胃腸に負担を減らす食生活を意識し始めました。

この頃から肉を食べるのをやめています。(肉を食べない生活を3ヶ月くらいしてみた

 

肉を食べなくてももちろん増量は出来ます。

けれども、増量=カロリーオーバーなのでその分、胃腸には負担がかかり疲れが増えます。

増量をするということは、胃腸の健康(=少食のさまざまな効果)を引き換えにするということだと学びました。

 

1日1食のメリットが凄すぎる

圧倒的な健康効果が最強のメリットです。

頭と体が冴えて、心も健康的になれるなんて素晴らしすぎます。

 

とりあえず痩せる

びっくりするくらいスルスルと痩せていきます。

私の場合、増量後で体脂肪も増えていたからというのもありますが、1ヶ月ちょっとで10kgちかく痩せました。

 

内臓脂肪はもちろん、お腹周りのつまめる皮下脂肪もドンドン落ちて腹筋が浮き出ます。

痩せ方は人によると思いますが、間違いなく痩せるだろうなぁとは思いますね!ホントにビビるレベルで痩せます。

 

食事の質の向上

更には、1日の食事が1回きりになることにより、相対的に質が高まります。

1日1食でカップラーメンを食べるという発想は、まずもって生まれません!

体に取り入れるものの質が高くなりやすく、より研ぎ澄まされた状態になれます!

 

嗜好品との付き合い方

食事の質が高まるとジャンクフードと無縁の生活になります。

ただ、質が良い/質が低いというラインがよく分からなくなってきて、どこまで食べていいのか?となってきます。

 

個人的な考えでは、ラーメンやお菓子などは嗜好品と位置づけて、たまに食べるという付き合い方をしています。

体に悪い(=ジャンクフード)と毛嫌いするのではなく、「ジャンクだからこその美味しさをたまに味わう」という嗜む程度の楽しみ方をしてます!

 

ストイックになりすぎないように、たまに嗜むことで良い感じのバランスが取れる気がしています。

 

食事への感謝が強くなる

1日1回ですので、ありがたさは3倍となります。

食に感謝しようといわれていますが、1日3食の場合、なかなかピンと来ません。

 

1日1食の場合、食べる時にはお腹がすごく空いてますので、自然と感謝してしまいます。

心からジュワッとにじみ出る自然な形の感謝って感じですね!

 

1日1食になる前の食生活

それまでは、肉体改造ということで増量をしていました。(8中旬~12月までの3ヶ月半)

太れない人が太るためのマクロ栄養素管理と胃腸の調子のバランス

 

元々、ガリガリ体質だったのですが、

「計算してカロリーを摂ることで思い通りに増量できるだろう」

という狙いは、一応は上手くいき、3ヶ月半で+8kgの増量に成功しました。

 

その後、少食にすると当然のことながら、体重は自然と落ちてしまいます。

そのため迷いがありました、せっかく増やして落とすのはどうかと。

 

まずは1日2食に

ただ、「体重が増えにくくなってきていた&それなりに筋肉も増やせた」という事実もあったため、少食に変更。

増量中でも朝ごはんを食べることはほぼ無く、昼以降に3食摂る生活だったのでかなり楽になりました。

 

1日2食生活を1ヶ月ほど続けた後、1日1食に移行していきます。

1日1食を始めるタイミング

1日3食食べてる状態で、いきなり1食にしてしまうと「差」が大きくて強いストレスになりがちです。

物事を始める時、感情に任せてスタートを切ると最初から飛ばしてしまい勢いが続きません。

なので、小さく始める・ベイビーステップでスタートを切るとしっかり続けられますね。

 

目的を見据えてベイビーステップ

まずは、1日2食から始めてみて、たまに1日1食の日を入れたりしながら、まずは1日2食が自分のベースになるくらいまで続けます。

その状態で1日1食に移行すれば、とてもスムーズです。

仮に合わなくても3食に戻ったり、反動で食べ過ぎるということにはなりにくく、ベースとなっている1日2食生活に戻るだけです。

 

一度失敗しても何ら問題ないですし、何なら1日2食でやっていくという手もありますしね。

スポンサーリンク