スポンサーリンク

つい最近まで、アルミ製の雪平鍋を使っていました。

理由は単純で、「軽いし、火の通りも早い」からです!

アルミ鍋の危険性はウソ?害はある?

アルミ鍋って検索すると、

  • アルミ鍋 黒ずみ
  • アルミ鍋 有害
  • アルミ鍋 焦げ 落とし方
  • アルミ鍋 健康
  • アルミ鍋 危険性

っていうワードが出ます。

 

アルミが溶け出すから人体に有害だ!っていう情報を探すのは簡単です。

ちなみに体に溜まったアルミニウムなどの金属は、汗を流すことでデトックスできます。

関連記事:岩盤浴でデトックス効果

 

アルミ鍋が有害かどうかって、本当かどうかは分からないし、使い続けても問題なしかもしれません。

 

火のないところに煙は立たないという言葉はあるけれど、

アルミ鍋が売れては困る対立勢力が火おこしをしている可能性も無くはありません。(低そうだけどw)

 

ただ、気になっている状態で使い続けるのもイヤだなーってことで、「ステンレス鍋」に替えました!

 

アルミ鍋よりも、「重くて、火の通りが遅い」ですが!!笑

その分、丈夫だし保温性が高いというメリットもあります。

ステンレス製 行平鍋

20cmくらいがとても便利で愛用しています!

やっぱり片手で簡単に持てて、口も広い行平鍋がめちゃ使いやすいです。

 

ステンレス鍋を使ってみた感想

火の通りが遅いと言われているけど、そこまで気になるほどではありません。

ストレス無く調理が出来ています。

 

ステンレス鍋の特徴と手入れ方法

ステンレスは錆びないって言われていますが、とても錆びにくいが本当だそう。

もしもサビが発生してしまった場合には、クリームクレンザーで洗えばOK。

 

という感じで、アルミ鍋同様、手入れが楽なのが特徴です。

 

ちなみに交替したアルミ鍋は、蒸し器用に使おうかなと思っています。

電子レンジ離れをしているので、食品を温める時に蒸気を使います。

関連記事:電子レンジの電磁波の影響

 

その時に、熱伝導性がいいアルミ鍋ならば早い時間で温められます。

 

直接調理をするわけではないので、アルミニウムが溶けて移る心配もいりません。

ってことで、適材適所で使い分けようと思っています!

 

IHヒーターで使えるのが便利

ステンレスや鉄製の鍋やフライパンは、IHヒーターで調理が出来ます。

アルミ製の鍋などはIHでは使えません。

(磁石がくっつくかどうかで判別できるそうです。)

 

ガスが使えないのでやむなく使っています。

電子レンジ離れをしつつもIHヒーターは使うんかい!って話です。笑

 

IHヒーターも電子レンジも電磁波が気になるところではありますが、

生活に欠かせない度合いで考えると、IHヒーターは許容範囲内なんですよね。

(ガスコンロという手もあるし試したけれど、ガス缶消費量ハンパないので止めました。笑)

 

まとめ

アルミ鍋による体への害はあるかも知れないし無いかも知れない。

気になる場合は、ステンレス鍋などに替えるのがベター。

気にならない場合は、使い続けて利便性をフル活用できます。

 

ステンレス鍋もアルミ鍋も使い勝手が良いしお手入れも楽ですが、

火でもIHでも調理が可能なステンレス鍋のほうが結局便利なんじゃないかというのが私の考えです!

スポンサーリンク