スポンサーリンク

1日ファスティングは、本格的なファスティングの前に取り組めるので

個人的にナイス!と思っています。

 

普段から3食しっかりと食べている人が、いきなり「一日0食で液体だけ」

となったら、胃腸も慣れてないし、自分自身の感覚も慣れてないので苦行でしかありません。笑

 

なので、1日ファスティングをちょくちょく取り入れてあげることで、

  • ファスティング自体に体を慣らすことも出来ますし、
  • 食べる量を減らすメリットも感じられますし、
  • 食事のありがたみを文字通り身に沁みて感じられます。

 

1日ファスティングのやり方

1日と言えど、全体の日数で言うと2.3日くらいです。

 

  • 準備:前日の夜(0.3日)
  • 本番:1日ファスティング当日(1日)
  • 回復:翌日の回復食(1日)

 

前日の夜の食事(準備段階)

野菜ジュースやスープなどの固形物じゃないもの、もしくは消化がいいものを食べて備えます。

 

1日ファスティング当日の内容

当日は固形物を一切取らず、水分のみで過ごします。

 

翌日の回復食

おかゆや雑炊、しっかり煮込んだ野菜スープなどが良いとされてます。

 

正直、回復食が一番大事な部分です。

まる1日ぐっすりと休息していた胃腸に、いきなり消化が大変な肉などを入れてしまうと、

対応しきれずに胃もたれや腹痛を起こしてしまう可能性が高いです。

 

寝起きで全力疾走が出来ないのと同じで、徐々に慣らすのがポイント!

 

1日ファスティングの効果

1日固形物を入れないことで、パッと見の体重は落ちます。

即興のダイエット効果はあると言えますね!

 

1日ファスティングの良さは、

  • 「食べないことに慣れる」
  • 「食べなくても意外と平気」
  • 「食べないと体にこういう変化がある」

というのをシンプルに体験できるところにあります。

 

そうやって、ファスティングのエッセンスを知ることで、毎日の食事に応用することが出来ますね。

そうすることで、食事を上手く利用したダイエットがもっと効果的になると思います!

→ ファスティングの前にしておくと役立つ習慣

 

スポンサーリンク