スポンサーリンク

食生活の断捨離をしたらベジタリアンぽくなったって記事を以前書きました。

 

あくまでベジタリアンぽくなので、肉を食べないワケではありません。

たまに食べます。

肉食批判側でもないです。各々自由に食べればいいと思っています。

 

命を頂くという意識

その時に気をつけていることが一点あります。

それは肉を食べる時に、「その動物を殺すことを想像する」です。

 

実際に鶏、豚、牛を殺して肉を食べたことはありませんが、

YouTubeなどでその映像を見たことはあります。衝撃的ですよね。

 

※食べ放題に行く前に「子豚ちゃんの最期(閲覧注意、音量注意)」という動画を見るのも一興かも?

 

”命を頂いている”ことを意識することで食べ物をムダにすることはなくなるし

何より感謝の心を忘れずにいれます。

 

動物を殺すことと植物を殺すことの違い

ビーガンの方の動画などを見ると、決まって「植物だって生きている」というコメントがあります。

たしかにそうですが、ちょっと論点がズレてる気がします。

 

例えば、

  • じゃがいもを地面から掘り返して、水で洗って皮をむいて切る。
  • 果物を木からもぎ取って丸かじりする。

これらと、

  • 鶏の首を掻っ切って、毛をむしって掻っ捌く。
  • 豚の喉に刃物を突き立てて血を抜いて、内臓取り出して丸焼きにする。

これらは同列でしょうか?

 

って毎回思います。

私はビーガンではないので、それらのコメントに反論もしないし、ビーガンを支持もしてるわけでもありません。

 

ただ、「鶏や豚、牛の肉を食べるということは、野菜や果物を食べるよりも大変な行為だ」

ってめちゃくちゃ思うんですよね。

 

なので、たまに頂く程度にして、その時には”殺して肉を取る”ことを想像するようにしています。

 

肉を控えるようになった理由は全然別のものだったんですが、

結局こういう部分にたどり着くんだなぁと考えさせられています。

 

 

Facebook創設者のマーク・ザッカーバーグさんは、

自分で殺した動物の肉しか食べない、肉が食べたい時は自分で手をかける

という表明をしたそうですね。

 

どうするのかは個人の自由ですが、個人的にはそういう考え方やスタンスは好きです。

 

私も数年前までは何も考えずに肉を食べていました。

食は奥が深く、自分のスタイルはいまだ模索中のような感じですが、

向き合って考える事から始まるし大事なことだと強く感じています。

スポンサーリンク