スポンサーリンク

断食後の回復食として最高!

と噂の梅流し。

 

ただただ単純に食べたくなってしまい、普通に食事として食べました。笑

率直な感想としては、「普通に美味しい」です。

 

出来上がりこんな感じ。

作った量は多くて、器に5杯分くらいになりましたが、がっつり煮込んだので大根がかなり柔らかくペロリと食べられました。

 

味付けは特にしませんでしたが、大根のほのかな甘味と梅干しの塩気と酸味が溶け出したスープ(梅湯)は美味しかったです。

このへんは人それぞれで、ダシを取る人もいるようです。フレキシブルに対応できるのが良いですね。

 

梅流しはデトックスに最高らしい

梅流しのスゴさが最大限発揮されるのは、断食後などの”胃腸がすっからかん”状態の時。

 

梅流しが効かないケース

梅干しは、どうやら胃腸が出来る限り空っぽの状態でこそ、効果を発揮するようです。

 

最低48時間の断食後に「梅流し」をするのが、正しい方法だと言われています。

 

つまりは、断食・ファスティングをしてない状態だと、ただの食事になってしまうということ。笑

 

今回の私のケースは、効かないパターンです。

普段から少食ではありますが、ファスティングはしていません。

単純に胃腸にやさしい食事止まりです。

 

断食・ファスティング後じゃないと意味ない?

梅流しというと、断食・ファスティングとほぼほぼセットとなっています。

 

ですが、二日酔いの時や夏バテ時にもとても良いのだそうです。

病み上がりの時にも重宝しそうですね!

 

梅流しで宿便が出る?

宿便に関しては諸説あります。

正直な話、胃腸が軽く快適になればそれでOKなので、宿便があろうがなかろうが、出ようが出まいが気にしません。笑

 

梅流しで使う梅選びが大変

スーパーで梅干しのパックの食品表示を見ると、まぁ微妙です

なるべく自然的に作られたものが良いと言われていますが、全然ありません。笑

 

選ぶ時の簡単な目安としては、”添加物表示が少なめ”ですかね。

お手頃価格の梅干しの食品表示には、ぎっしりと添加物が書かれています。

やはり、安さには理由があります。。。

 

梅流し後の食事

梅流しって食べる順序が決まっているようで、

  1. まずはスープをたっぷり飲む
  2. 煮込まれた大根をよーく噛んで食べる
  3. そしてまたスープを飲む
  4. 具を食べる

のだそうです。

消化の良い大根をさらによく煮ているので、胃腸にかなり優しい食事と言えます。

 

なので、その次の食事も比較的消化の良い方がベターですね。

(ファスティング明けの場合は。)

 

オススメはお粥ですね、やっぱり。THE回復食です。

通常のお粥でも美味しく食べられると思いますが、個人的には玄米粥をオススメしたいところ。

関連記事:「玄米粥」は玄米のデメリット解消して美味しく食べられる最強食

 

まとめ

  • 梅流しは、断食・ファスティング後じゃなくても結構美味しい。
  • デトックス効果を実感するなら、48時間の断食・ファスティングが推奨されている。
  • 断食・ファスティングをした際は、梅流しの後の食事も消化の良いお粥などにするのがベター。

 

スポンサーリンク