スポンサーリンク

子供の頃から皮膚系の疾患が多いんですよ、私。

アトピーやらしもやけに悩まされた子供時代。

 

大人になったらなったで、冬場は乾燥肌でかゆい。

夏場はあせもでかゆい。

日焼けしたら真っ赤っ赤なるし、せっかく焼いてもすぐに白く戻る。笑

 

春と秋は平和です。

 

まあ、肌弱い系属性を持って生まれたのでしょうがないわけで、淡々と対処していくしかありません。

というわけで、あせもとの付き合い方。

 

あせもは薬使うのは、やむなし

あんまり薬使いたくないってのはありますが、使わないと痒いし不便なので使ってます。

 

知恵袋とか見ると、漢方を使うという手もあるみたい。

漢方もよさ気だけど、手軽じゃないのがネック。

 

赤ちゃんから大人まで使える「桃の葉ローション」が良いと聞き、使ってます。

痒みが出たら、とりあえず塗る。それしかありません。

 

かゆくなる⇒掻く⇒余計にかゆくなる⇒皮膚が傷つく⇒じゅくじゅくになる

掻いても良いことなしです。

 

ベビーパウダーはあせもを治すのに有効?

ベビーパウダーでサラサラにすればいいという話もありますが、どうもあせもになってからだとかえって良くないらしいです。

あくまでも予防として有効なんだとか。

 

すでにあせもが出てしまっている場合は、やっぱり薬を塗るのがベターです。

我慢できる痒さならいいですけどね、掻かなければひどくはなりにくいです。

それでも発疹みたいに赤いポツポツが出来るので、何もしないわけにはいきません。

 

夏場はやむなしと割り切って薬の力を借りて、治ったら再発防止でベビーパウダー。

汗をまめに拭いて、シャワーを浴びて、あせもの原因を減らすのが良さそう。

 

スポンサーリンク