スポンサーリンク

眼輪筋トレーニングをやりだしてから、3週間くらい経ちます。

ドライアイがひどくなったのがきっかけ

きっかけは、1月頃にドライアイがひどくて、キツイなーと思いながら色々をググっていたらコチラのサイト(石川眼科医院:http://www.ishikawa-eye.com/training.html)を見つけました。

 

ドライアイ改善法として、眼輪筋トレーニングが紹介されていたんです。

試しにしばらくやってみたところ、ドライアイは治まりました!

 

それで満足しちゃって継続はしてませんでしたが、効果がスゴすぎるので最近毎日行っています。

眼輪筋を鍛える効果

眼輪筋を鍛えることで得られる効果は大きいと感じています。

  • ドライアイ改善
  • 目が大きくなる、ぱっちり開く(目力アップ
  • 目の下のクマ改善
  • 目のたるみ改善
  • 目元のシワ改善
  • 涙袋が作れる

こういったエクセレントな効果が期待できます!メリットしか無い!

 

目の筋トレをしよう

眼輪筋は、目の周りにある筋肉なので、加齢とともに衰えてしまいます。

衰えると、目の周辺の筋肉が緩みハリを失い、たるみ・シワ・クマなどが目立ちやすくなるんですよね。

 

目だけじゃなくて、顔の筋肉全体が衰えてくるので、全体的に顔が垂れてきてしまいます。(´;ω;`)<たるみヤダ!

 

やったもん勝ち

若い頃は何もしなくても良かったりしますが、それは若い頃だけの話!

20代後半~30歳を過ぎると、否が応でも老化の足音が聞こえます。

 

よって、自発的に対策するか・しないかが運命の分かれ道となります!

 

体の筋肉と同じように目の周りも筋トレをすることで、若々しい顔でいられる可能性はグッと高くなりますね!

ていうか、顔の筋肉をもれなく鍛えれば見た目年齢マイナス10~15歳くらいはワンチャンありそうですね。

 

片岡鶴太郎さんの目力に眼輪筋トレーニングの凄さを感じた

片岡鶴太郎さんの活き活きとした眼を見た時に、「ああ、目の筋肉を活性化させると若返り効果あるんだな!」と気がついて、今では日課にしています。

 

鶴太郎さんと言えば、朝の6時間をヨガに費やすストイックぶりが話題です。

関連記事:内臓をはがすという腸もみもある

 

その中で「目をチャクラの奥にグーッと入れていく」という取り組みをされています。

これは眼輪筋のトレーニングにもなっている感じがします。

 

目をチャクラの奥にグーッとやると言われても、よくわからないというのが正直なところです。

なので、比較的取り組みやすいものがYouTubeにあるのでご紹介します。

 

眼輪筋のトレーニング方法

石川眼科医院の石川秀夫先生のYouTube動画を参考にしています。

他にも眼輪筋トレーニングに関する動画は色々あるので、しっくり来るのを見つけるのがオススメです。

 

眼輪筋トレーニングを習慣化するコツ

メリット満載なのは分かってはいるものの、こういったモノは中々続けにくいのが正直なところです。

 

歯磨きのような毎日の習慣に出来てしまえばコッチのものなので、それまで続けるために私が気をつけているコツをいくつかご紹介します!

※行動習慣は、約1ヶ月で習慣化されると言われています。

 

きつねの目だけ1分

全部やろうとすると面倒くさくなってしまって続かないので、きつねの目だけを1分やるようにしています。

 

他のルーティンとセットにする

現在しているルーティンは、

合計で12分くらいです。

(シメに瞑想5分する時も)

 

毎日のルーティンの中に入れてしまえば、流れでやってしまえるので簡単に習慣化できます。

 

やる時間帯を決める

上記のルーティンをなるべく朝に行うようにしています。

こういったルーティンは朝に行うことで、新鮮な気分で1日を送ることが出来る気がするんですよね!

 

朝がダルくてやらなかった時

その後いつでも良いので、必ずやるようにしています。

やらないまま1日を終えてしまうと、それを期にリズムが崩れて続きにくくなると感じます。

 

習慣の断捨離をして取り入れるスペースを作る

これが一番重要かも知れません。

 

日常生活の中で、不必要な習慣って思いのほか多いです。

それら不要な習慣を手放すことで、自分にとって良い習慣が定着するスペースを空けることが出来るんですよね。

関連記事:習慣の断捨離をして続けられる自分に変わる

 

まとめ

眼輪筋トレーニングの恩恵はデカいです!

しかも、目はかなり重要な器官なので、鍛えて労ってあげる価値は高いと思います。

 

とにかく毎日こつこつと続けていくことが超絶重要ポイントですから、工夫して日常に溶け込ませたいところです。

 

顔の中でも目が与える印象は相当のものです!(口元の印象も)

眼輪筋トレーニングを習慣化すれば、お金をかけずに若々しい目元をキープできますね。

関連記事:舌回し(ベロ回し)でほうれい線を消そう!

 

スポンサーリンク