スポンサーリンク

  • 運動をする。
  • よく寝る。
  • 健康食品を食べる。
  • バランスよく毎日しっかり3食食べる。

世間一般で知られている健康法といえば、このあたりかなと思います。

 

確かに、運動や睡眠が健康に効果的なのは間違いありません!

が、食に関しては的はずれで効果的ではない健康法が出回っていると感じます。

 

個人的な体感をもとに順位づけするなら、

  1. 食べ過ぎない(理想は腹8分以下)
  2. よく寝る
  3. 運動
  4. 健康食品

って感じです!

(※「バランスよく毎日しっかり3食食べなさい」というのはマーケティングだと思ってます。)

少食じゃなくていいから、とにかく食べ過ぎをやめる

少食にすると健康を実感できます!

 

少食になったきっかけは、食べ過ぎは毒だなと実感したからです。

※ちなみに満腹は食べ過ぎです。

無理して食べ過ぎる生活

私は、筋肉を大きく(バルクアップ)したくて、一時期カロリー計算をしながら1日5食くらい食べていました。

お腹の状態としては、いつも満腹~腹12分くらい((((;゚Д゚))))

 

その結果、体重は増え、挙げられるバーベルの重さも増えましたが、体調は微妙で胃もたれや下痢を起こすことが多かったです。ツライです。。。

当時は「バルクアップとはそういうものだ!」と割り切っていましたが、限界を感じて食事の量を減らしました。食べなきゃいけない概念を捨てました!

 

1日2食で慣らし、1日1食へと移行していくにつれ、明らかな体と頭のキレを感じられたんです!

明らかな変化を感じ、少食のスゴさを実感し、習慣にすべきだと感じた瞬間でもあります。

 

食事を減らしてから増やすと、その差に愕然とする

1日1食は、金銭的な事情で1食にしてるわけじゃありませんし、鉄の掟というわけでもありません。

体がとても楽で、頭もスッキリして快適なので続けています。

”ルール”ではなく、あくまでも”心がけ”なので、たまにメッチャ食べる日があったりします。(チートデイ(例外の日)という名のバッファ(緩衝材)。)

 

チートデイにガツガツと食べ過ぎてしまった時に感じるのが、「食べ過ぎって、ハンパなく疲れる。。。(;´Д`)」です。

美味しいもの、好きなものをたらふく食べて欲望は満たされますが、体に負担がかかっているなというのが実感できます。

 

欲望を存分に満たすことで、体に負担がかかる。というあちらを立てればこちらが立たずが発生します。

ゆえに程々がちょうどいいと言われるんですね。

 

この実感は普段、少食だからこそ鋭敏に感じられる点です。

 

食事を減らし少食にしてから増やす(多く食べる・食べ過ぎる)ことで、3つのことを痛感します。

  1. 食事の量による体への負担の明らかな差
  2. 少食の良さ
  3. 食べ過ぎの危険性

 

要は、食べ過ぎなきゃいいんでしょ?

理屈で言えば、「食べ過ぎない範囲だったらOK」となります。

 

だがしかし!これがとっても難しい!

 

欲望って無尽蔵ですので、満たされると次はそれ以上じゃないと満足できなくなります。

オマケに満たされない(お腹いっぱい食べられない)状態を、”不幸、損している”というマイナスイメージとして感じやすいんですよね。

 

つまり、”食べ過ぎないというラインは、じわじわと広がってしまう!”ということです。

 

クロちゃんに見る食べ過ぎの怖さ

安田大サーカスのクロちゃんの健康状態がヤバイから番組企画で何とかしよう!

という趣旨のテレビ番組がYouTubeにアップされていました。

(「クロちゃん 入院」とか「クロちゃん 医師」とかで探せばたくさん出てきます。)

 

とんでもない食べ過ぎ、不摂生の極みという食生活をしていて、驚愕しました。

複数のお医者さんのマジトーンの警告に危機感を覚えたクロちゃんでしたが、何だかんだ言い訳をつけて食べてしまっているんですよね。

 

番組的には「クロちゃん、まじでクズだなw」というエンタメにはなりますが、本人にとっては死活問題ですよね。

このまま食べたら命がヤバイ。でも、食べたさを抑えられない。

という葛藤が見えます。

 

はたから見ている分には、「食べる量へらしたらいいだけじゃん。」となりますが、

  • 空腹じゃなくても食欲が湧き出てしまう脳みそになってる
  • 食べ過ぎる生活が習慣化している
  • 欲望がパンパンに肥大しちゃってコントロールできない
  • シンプルにおバカ

などの事情があり、困難を極めているのでしょう。。。

 

結論:たまに食べ過ぎるくらいでちょうどいい

世の中には、デフォルトで大食の人もいます。

そういう人の食べる量は、少食の人から見たら食べ過ぎに見えますが実際は違います。

 

本人にとって食べ過ぎじゃなければOKなので、大事なのは自分の基準を持つということ。

そして、柔軟性を持ちどこかで帳尻を合わせること。

 

付き合いで食事に行って食べすぎてしまうことがちょくちょくあるなら、そうでない時に少なめにして帳尻を合わせるだけで相当違います。

私で言えば、普段1日1食なのでたまに食べ過ぎても全く太りません。つい食べ過ぎてお腹痛くなることはあります。(´;ω;`)

 

少食は無理にするもんじゃない

ずっと少食を心がけようとすると、どうしても我慢する場面が出てきます。

それはストレスにつながりますので、バッファ(緩衝材)が必要となり、それがチートデイ(例外の日)です。

 

たまにする贅沢こそが贅沢ですよね。

いつも贅沢だったら、それは当たり前になってしまい、汲めども尽きぬ底知れぬ欲望に飲み込まれます。

 

”少食でたまに贅沢に食べる”くらいがちょうどいいと思います!

調子に乗って苦しくなるパターンのやつ

 

  • 健康を維持するために一番大事なのは食べ過ぎないこと
  • たまに食べ過ぎるくらいを落としどころにすれば、食べ過ぎなくなる

 

スポンサーリンク