スポンサーリンク

クエン酸=体にいい、疲れが取れる

こんなイメージは定着しています。

 

けど酸っぱさと知識不足と代わりの品が多すぎるため、意外と活用されていません。

 

ニチガ 無水クエン酸

ニチガというメーカーのクエン酸を結構前に買いました。

たっぷりと入っているのでメチャメチャ長持ちしますし、その上値段も安いのが魅力です。

このクエン酸を選ぶ際、あれこれと調べた上で決定したので、飲む目的ならこれがオススメです!

 

クエン酸+重曹=炭酸水

自分はよくクエン酸炭酸水を飲んでいます。

「クエン酸:重曹=2:1」くらいの適当な感じで作っています。

 

市販されている炭酸水に比べたらちょっと味があるのでクセを感じますが、グッと飲み干したあとのすっきり感は結構ハマります。笑

 

クエン酸が多いと、酸っぱくなります。

重曹が多いと、苦味というかエグミが強くなります。

個人的にはエグミが強いほうがイヤなので、クエン酸をやや多めにしています。

 

ちなみに重曹も、クエン酸と同じニチガの製品を買いました。

重曹は掃除にも使えるので便利です!

 

クエン酸がなぜ、疲労回復効果があるの?

クエン酸と言ったら疲労回復みたいなところがありますが、実際問題どういう感じで作用してるのか?って部分を軽くまとめてみます。

 

乳酸を抑えつつ分解

乳酸は疲労物質として有名です。

これの発生を抑えつつ、なおかつ発生した乳酸を分解してくれるようです。

 

そりゃあ疲労回復効果、ありますわな!

 

血流をよくする

血液サラサラ

これに対してイヤな感情を抱く人はいないでしょう!

 

活性酸素を除去

何かと話題になる活性酸素。体を錆びつかせるという悪者とされています。

これを除去してくれる作用もクエン酸にはあるようです。万能すぎかよ、クエン酸。

 

クエン酸はダイエットに効果的なの?

クエン酸が直接的にダイエットに効果を発揮するとは自分は思ってません。

 

クエン酸の主な効果である、

  • 疲労回復
  • 血流促進

などを活用することでダイエット環境がすごく良くなることはあると思うので、使い方次第ですよね!

 

巷でよくある「○○ダイエット」みたいな感じで、クエン酸ダイエットみたいなものは今のところありませんしね。

クエン酸自体はとても安く手に入るので、もし流行っても簡単に取り組める良い方法ですね。

 

食事制限中の空腹感にはコレ!

前述の「クエン酸+重曹=炭酸水」を活用することで、食事制限中の空腹感を炭酸水で満たしつつ、疲労回復効果も狙えるのでかなりオススメですよ、クエン酸炭酸水は!

 

クエン酸ハイボール

クエン酸は酸っぱいので普段の飲用としては中々きびしく、「クエン酸を飲む!」と決めて飲む方がしっかり摂れます。

そんな特徴があるので、足せるものには足したい!ということで、お酒に入れたりしてます。

 

ハイボールにレモンが入ってることはよくありますが、それのような感じでクエン酸を入れます。

 

クエン酸チューハイ

ハイボール同様、味のアクセントにもなるしクエン酸を摂取できるので、ちょいちょい入れて飲んでます。

レモン味の炭酸水よりは味にクセがありますが、それは仕方ありませんし、慣れれば意外と気になりません。笑

 

この手の栄養成分は、たまに摂るだけでも意味があるので家に常備して使いやすいところに置いといて、飲めるタイミングでドンドン飲む習慣をつけることでエネルギーが高い状態を維持できると思っています!

 

ビタミンCとクエン酸の使い分け

調べてたら”すっぱい”つながりで、ビタミンCとクエン酸が比較されてたりすることがあります。

 

ざっくりと書くと、

クエン酸=疲労回復

ビタミンC=肌の老化を防止

だそうです。

 

つまりは、どっちも大事!!笑

義務的に摂ろうとするとストレスになりますので、疲れた時は両方。

そうでない時は、気が向いた方を摂るなどのちょうどいい摂り方がいいかもしれません。

 

スポンサーリンク