スポンサーリンク

西勝造先生とか書いちゃってますが、西式健康法の存在を知ったのはつい最近です。

 

平床寝台と硬枕の話を聞いて、調べてみたことがきっかけなんですが、

西勝造先生の人生がまあスゴイ。

このサイトに詳しく情報がまとめられています。その他の記事も勉強になります。

 

13歳で死の宣告を受ける

西勝造先生は、1884年生まれなので、だいぶ昔の方です。

13歳くらいから体調が悪くなりだして、20歳まで生きられない宣告を受けたんだそう。

 

「現代の医学だったら何とかなるような状態でも、当時の医学では・・・」

という話です。

 

5ヶ国語を独学で覚える16歳

んで、16歳の時に「自分で治してやらあ!」(こんな口調だったかは不明。笑)

って感じで奮起して、5ヶ国語(英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ロシア語)を習得したそうです。

 

すごい。

 

大学で勉強しながら73,000冊の本を読む男

大学に進学し、コロンビア大学に留学し、土木工学研究をしながら、

73,000冊もの膨大な本や資料を読み、勉強したという逸話が特にヤバイです。

 

そして、あらゆる健康法を実践し、研究の成果である西式健康法を発表したのが1927年。

西勝造先生が、43歳のときです。

 

20歳まで生きられないと宣告を受けていながらも、

それを乗り越え、43歳で健康法を発表し、現代の人々の役に立っている。尊敬します!

スポンサーリンク