スポンサーリンク

最近、パワーナップを取り入れだしてから、活動効率がアップしました!

その効果は絶大です!

15分くらいの仮眠=パワーナップ

パワーナップとは、短い仮眠のことです。

”ほんの少しだけ眠る”これが、パワーナップ!

昼寝とも言えますが、極端に時間が短いのでニュアンス的には仮眠の方が近いと感じます。

 

15分くらいの軽い休息なので、合間合間で取り入れられるのが最大の魅力です!

 

マイクロスリープとの違いは?

マイクロスリープは瞬間睡眠のことで、一瞬寝落ちしちゃうアレです。

「さすがに寝ないとヤバい」という時の体の防衛本能らしいんですよね。

バッテリーが無くなりそうなパソコンが延命モードに入るみたいな感じです。

 

体が回復するために、本人の意思とか関係なく寝ちゃうので、目が覚めた時はそこそこ疲れが回復してます。

 

一見、パワーナップと似ているので気になって調べたら根本的に違います。

  • マイクロスリープ=体の反応
  • パワーナップ=意識的に取る短時間の仮眠

です。

 

なぜ15分程度のパワーナップでスッキリするのか?

  • 頭がぼんやりとしている時
  • やる気が湧いてこない時
  • つまらないことでイラッとしてしまう時

 

こういうタイミングで、パワーナップをしてみるとその効果に唖然とします。

ビックリするくらいにスッキリするのです!

 

 

Googleでもパワーナップは採用されている

あのGoogleもパワーナップを採用していて、専用ルームが用意されているそうです。

クリエイティブな仕事だからというのもありますが、パワーナップが非常に効果的だという証明にもなりそうです!

 

睡眠不足じゃなくても有効

睡眠が足りてない時には特に効果を発揮することは言うまでもありませんが、そうでないときでも効果を実感できます。

 

何となく頭がぼんやりして集中力が続かないなんて時は、睡眠不足じゃなくてもあります。

こういう時にパワーナップをすると、脳がリフレッシュされて集中力が復活します!

 

パワーナップ時の体勢

15分という時間なので、横にならずに座った状態が気に入っています。

横になってしまうとガッツリ寝ちゃう可能性があるためです。

 

個人的な体感として、座った状態でも十分に回復します!

アイマスクと耳栓(100均のでOK)をすると、効果がより高まると感じます。

 

カフェインを摂ってからパワーナップすると目覚めが良い

コーヒーなどをグッと飲んでからパワーナップをすると、寝起きのスッキリ感が結構違います。

カフェインが吸収されて作用するまでには、15~60分くらいかかるとされているのでちょうどいいんですよね!

 

マジで疲れてる時用のマイクロナップ

「マイクロスリープは、体の防衛本能」ですが、「マイクロナップは、マイクロスリープのパワーナップ」です。

「マイクロスリープが勝手に起きる前に自分で取る」というイメージです!

 

やり方は超簡単!

『1分くらい目を閉じてジッとする』です。

睡眠不足でキツイ時には、中々の効果を発揮します!

 

ただ、大して疲れていない状況だと、「目を閉じて1分過ごした」だけになりがちです。笑

パワーナップと併せて、状況に応じて使い分けて行くとかなり強力な回復法となりますね!

 

パワーナップの注意点

この本で学んだことなんですが、

「パワーナップのような睡眠法」と「夜に摂る睡眠」は、役割が違うのだそうです。

 

夜の睡眠にしか出来ないことがあるので、パワーナップの位置づけとしてはあくまでも補助となります。

なので、「パワーナップがあるから夜更かししてもいいやー!」とはならないんですよね。

基本的に、夜の睡眠はメチャ大事です!

 

まとめ

パワーナップは、Googleなどの大企業も採用している効果的な回復法です。

15分ほどあれば出来るという手軽さを活かして、日常で積極的に摂り入れることで活動量や生産性がかなりアップすると思います!

 

スポンサーリンク