スポンサーリンク

我が家(戸建て)の風呂がボロくなっています。

昔ながらのタイル張りのお風呂です。

タイルの一部がポロッと剥がれていたり、壁紙が若干剥がれていたりと年季を越えて老朽化しています。

というわけで、さすがにそろそろリフォームするかということで、徐々に動き出しています。

 

お風呂のリフォームに関しての知識、情報がほとんどありませんので、基礎的な部分くらいは押さえておきたいところです。

ズブの素人の私用のメモのような記事となりますが、参考になる方もおられるかも知れません!

 

そもそもユニットバス、システムバス違いは?

基本的に、ユニットバスもシステムバスも同じ意味合いで使われています。

ベーシックな機能に加えて、ミストサウナなどの付加機能が付け加えられたものをシステムバスと呼んで、ユニットバスとの差別化をしていたりもします。

 

うちの場合、さまざまな付加機能は要らないので、システムバスというよりはユニットバスにリフォームすることになります。

 

ユニットバスの誤解

ユニットバスというとアパートの風呂トイレが一緒になった浴室のことを思い浮かべますよね。

3点ユニットバスのイメージ画像。実際はもっとショボいことが多い。笑

 

実はユニットバスには、

  • 2点ユニットバス(天井・壁・床と洗面台がセット)
  • 3点ユニットバス(天井・壁・床と洗面台、そしてトイレがセット)

という種類があるようです。

なので、私たちのイメージのユニットバスというのは、「3点ユニットバス」のことだったんです。

 

ユニットバスサイズはいくつかある

メーカーのホームページを見ていると、「1216」とか「1620」とか浴室サイズがいくつもあります。

これは、浴室内の寸法を意味し、「1216」なら「1200mm×1600mm」ということ。

 

測ってみたところ、うちのお風呂は「1116」というサイズに分類されるようです。

坪換算すると、0.75坪くらい。

ただ、奥の壁面が平面ではなく、洗い場の奥行きが10cmほど広くなっています。

(おそらくですが、この分は埋めて1100mmに合わせることになるんじゃないかと思っています。)

 

戸建て用とマンション用で規格が違う

※浴室サイズが同じでも、戸建用とマンション用は違うらしいです。

なので、1116サイズで良さげなデザインでもマンション用だったら、うちの浴室には付けられないということになります。

 

戸建て用1116が無い?!

調べてみると、1116という規格は主にマンション用で戸建て用の規格としては見当たりません。

 

そうなると、おそらくうちの風呂は、バスタブに合わせて壁を10cm詰めたのでは無いだろうか・・・?と考えられます。

なので、浴室サイズとしては『1216』なのかなと思われます。

 

風呂リフォームの金額や期間

工事費・価格ってどれくらい?

ユニットバス自体は、15万くらいで販売されています。

自分たちで取り付ける技術や設備がある場合は、かなり安上がりになりますね。

 

我が家はズブの素人ですので、もちろん専門家におまかせします!

その場合、ユニットバスの安いプランで60万くらいからとなっています。

 

一般的な相場としては、「50万~150万」とされてます。

 

実際はもっとかかるから、多く見積もっておいた方が良さげ

その金額は最低限で、実際はもろもろ掛かってもっと増えると思っておくのがベターでしょうね。

床の老朽化もあるから、そのあたりの修繕とかの必要性が出てきたら高くなるのは間違いありません。

 

正直、プロに見てもらって見積もりを出してもらわないと何とも言えません。マジで。

見積もりを取る時は、ネットの強みを活かして一括で行けるところを使う予定です。

バス
完全無料!!リフォーム見積もり!

 

完成まで期間は?

調べた感じ、1週間くらいで完成などの情報が多くて、思いのほか早い印象です。

ただし、それは最低限の内容だった場合で、他の部分を修繕したり何だかんだ必要になる場合、当然ながら工期は延びます。

 

1~2週間くらいを見ておけばいいかな?という感じです。

 

計画 → 業者探し → 業者と相談 → 工事

までの全ての期間で言うと、1ヶ月くらいはかかりますね!

 

風呂のリフォームに補助金出るの?

  • 耐震
  • 省エネ
  • バリアフリー

などに関わる場合、補助金が出たりするそうです。

 

政府や地方自治体だったりからの補助金システムがあるみたいなので、使えるようならフル活用したいところです!

こういった情報は、自分でグイグイ取りに行かないと手に入らない類だと思います。

 

ザッと調べた感じ、なかなか複雑です。

面倒くさくなって思考停止してしまいそうになりますが、恩恵は相当デカいので時間かかってでも把握しておく必要がありそうです。

 

補助金を活用するために必要なこと

  • 補助金があるということをまずは知ること
  • 適応の条件をあらかじめ把握しておいて、業者にじっくり聞いてみる
  • 予算や状況に応じて、補助金対象の工事にするかを判断

こんな感じかな。

 

現在の風呂の状態

入り口

 

ドア開けた正面

 

 

風呂のリフォーム話が白紙に!セルフプチリノベーション敢行

個人的にアレコレと調べていたのですが、お風呂のリフォーム話がほぼ白紙となりました。

家族の意見がまとまらなかった結果です。笑

 

「リフォームしないのは仕方ないけど、現状よりキレイな状態にはしたい!」

ってことで、セルフプチリノベを敢行しました。

 

ビフォア・アフター

パッと見の変化はこんな感じです!

 → 

 → 

セルフプチリノベの内容

  1. 不要物の処分
  2. 徹底的な清掃
  3. タイル目地補修
  4. シーリング(コーキング)
  5. 剥がれかけている部分の目隠し

 

不要物の処分

これは文字通り、何となく置いてあるモノを処分し、整理整頓して少しでも広くするための工程です。

地面にモノがあるのとないのとでは圧倒的に広さが変わります!

 

徹底的な清掃

写真は引きの画なので伝わりづらいですが、当然汚れている部分が多かったです。

気持ちが悪いので撮影しませんでしたが、水まわりの掃除はストレスになりますね。

 

タイル目地の補修

排水溝まわりのタイルが結構はがれていて、目地もヒビが入っていたので目地補修材で埋めました。

ちょうどいいサイズのタイルを探すのは面倒だったので、目地補修材をこんもりと塗りたくってタイル替わりにしました。笑

 

排水溝の目皿の老朽化が著しかったのですが、目皿をはめ込む受け口の方もボロくなって欠けていて交換は微妙と判断。

上から100均の髪の毛キャッチをかぶせて応急処置。

これだけでもだいぶ違います。

 

シーリング(コーキング)

シーリング材がところどころ剥がれていて、そこから水が漏れて脱衣場の根太が腐っていました。

とりあえず、ホームセンターでシーリング剤とコーキングガンを買ってきて隙間を埋めました。

 

シーリングはメチャ難しいですね!

キレイな仕上がりを目指していましたが、難しいので途中から「隙間さえ埋まればOK」と開き直っていました。笑

水漏れを防ぐという目的は達成できたので良しです!

 

剥がれかけている部分の目隠し

壁のタイルと壁紙部分のつなぎ目のところが剥がれていてオンボロ感を引き立てていたので補修。

 

100均のキッチン用の壁用の防水シートを貼りました。100均はマジで便利!!

薄くて貼るのが難しかったですが、霧吹きで濡らすことで貼り直しができます。

 

見ての通り、レンガの向きなどはバラバラで近くでみるとお粗末な仕上がりです。笑

パッと見のオンボロ感がだいぶ改善され、風呂の雰囲気がよくなったので十分です!

 

スポンサーリンク