スポンサーリンク

うちの台所はお湯が出ない(笑)ので、手が冷えた時などはシャワーで温めています。

 

それを続けていたら、

  • 手がガッサガサに肌荒れ
  • お湯に漬けた後の手の匂いがプールそのもの

だったので、コレはアカン!と浄水シャワーを買いました。

 

【関連記事】

 

と、同時に「浴槽に張ったお湯なんて全身で浸かるわけだから、よりヤバくね?」と思ったわけです。

 

湯船のお湯の塩素対策はビタミンC

ビタミンCを湯船に『1gくらい』入れれば、お湯に含まれる塩素が除去できると言われています。

 

私が使っているのは、最寄りのドラッグストアで購入したコチラ。

ビタミンCってアスコルビン酸Kって言うんですね。

これを湯船に入れると、塩素臭さが無くなるので除去できてると思います!

 

100g入りですので、入浴100回分です。

たまに飲んだりもしてます。酸っぱいです。

 

重曹で塩素は除去できる?

重曹は匂いのない入浴剤と言われています。

  • 体臭を中和
  • 肌の表面がすべすべになる
  • 塩素を緩和

などの効果があります。

クエン酸と1:1の割合でブレンドして自家製炭酸水を作るのによく使いますが、メッチャ長持ちします!

掃除にも使えるし、マジ便利!

 

クエン酸も入れれば炭酸泉

同時にクエン酸を入れれば炭酸泉に出来ますし便利な粉です!

(銭湯のような体に気泡が付くレベルの炭酸泉にするにはものすごい量が必要です。。。)

 

重曹は塩素を緩和できる

私は湯シャン派で、シャンプーやボディソープの類は使わないので、重曹はフル活用してます。

ただ、塩素に関しては緩和レベルだそうですね。

個人的な感想としては、塩素臭さは無くなるので十分なレベルかと思っています。

 

ビタミンCと重曹を使うのがベター

  • ビタミンC ⇒ 塩素除去用
  • 重曹 ⇒ 入浴剤用

これが、私の最適解です!

 

こんな感じで役割分担をすることで、塩素を気にせず更に体にも良い快適なバスタイムが過ごせます!

 

スポンサーリンク