スポンサーリンク

よく行くジムのシャワールームに珪藻土のバスマットが置いてあり、

手入れも楽そうだし、いいなあ~って思っていたんですよね。

 

トレードワンというメーカーの珪藻土バスマットを購入

値段は2,000円くらい。

本家よりも随分安くてお値打ちです。

珪藻土バスマットの感想

商品レビューにも書いてありますが、冬場はヒンヤリとします。

入る前は冷たいと感じますが、入浴後、そのヒンヤリ感が気持ちよさに変わります!

 

しかも、足の裏がスグにサラサラになるのが嬉しいです。

いつも足の裏の水分が完全に乾いていない感があったので解決しました。笑

 

soilの珪藻土バスマットも気になったけど

流行りだした頃にも気になったんですが、試してもいないし、

その当時は色んなメーカーが作っていなくて高かったんですよね。

 

soilっていうメーカーの珪藻土バスマットは魅力的なんだけど、

バスマットに8,000円出すのもなーと敬遠してました。笑

 

安い珪藻土バスマットと高いものの違いは?

高いもの(soilなど)は、左官職人の手作りというのが売りで、その分値段がするみたいです。

soil製の珪藻土バスマットを使ったことがないので体感的な違いは分かりませんが、

それ以外の差もあるのかもしれません。

 

吸水性が落ちてきたらどうすればいい?

目に見えて吸水性が落ちてきたら、紙やすりで表面を軽く削ってあげると

吸水性が復活するそうです!

 

紙やすりで表面を削る目安としては1年くらいですかねぇ。

自分で手入れすることで愛着も湧くし、大事に使いたくなりますね!

 

珪藻土バスマットのカビ対策は?

珪藻土バスマットって石みたいなものです。

そんなに重たいものではないですが、面倒がってずっと置きっぱなしにしているとカビが生えるようです。

 

その対策として、珪藻土バスマットの下にすのこを置いて、それなりの通気性を確保しました!

それでもカビが生えちゃうかもしれないけど。

 

珪藻土バスマットのカビ関連の記事をネットで探したら、

「カビキラーでキレイになった」という意見があったので、もしカビが生えた際には試してみようと思います!

 

珪藻土バスマットで水虫うつる?

水虫がうつることが多い場所の上位にバスマットがあります。

普通のバスマットだと、ジメジメした状態になりやすく水虫の菌にとってはちょうどいい環境なんでしょうね。

 

でも、珪藻土バスマットは、速乾性がウリです。

すぐ乾いちゃうのでは水虫の菌も繁殖できません。

 

ってことで、「バスマットから、水虫をうつらなくするためのアイテム」とも言えます!

 

 

冬場冷たいとか衝撃で割れてしまうというデメリットこそありますが、

それらを補って余りあるメリット満載のお風呂用品ではないかと感じています!

スポンサーリンク