スポンサーリンク

『時は金なり』

スーパー有名な名言がありますが、これを言ったのがベンジャミン・フランクリンです。

1700年代を生きたアメリカの政治家です。

 

100ドル紙幣の顔にもなった人物。

そんな彼が実践していたという13の徳目というのを知り、自分の人生に取り入れてみようと思う次第です。

原文をグーグル翻訳で和訳して、それをもとにまとめます。

 

ベンジャミン・フランクリンの13の徳目 英文

1.Temperance.
Eat not to dullness; drink not to elevation.

2.Silence.
Speak not but what may benefit others or yourself; avoid trifling conversation.

3.Order.
Let all your things have their places; let each part of your business have its time.

4.Resolution.
Resolve to perform what you ought; perform without fail what you resolve.

5.Frugality.
Make no expense but to do good to others or yourself; i.e., waste nothing.

6.Industry.
Lose no time; be always employ’d in something useful; cut off all unnecessary actions.

7.Sincerity.
Use no hurtful deceit; think innocently and justly and, if you speak, speak accordingly.

8.Justice.
Wrong none, by doing injuries, or omitting the benefits that are your duty.

9.Moderation.
Avoid Extremes. Forbear resenting Injuries so much as you think they deserve.

10.Cleanliness.
Tolerate no uncleanness in body, cloths, or habitation.

11.Tranquility.
Be not disturbed at trifles, or at accidents common or unavoidable.

12.Chastity.
Rarely use venery but for health or offspring, never to dullness, weakness, or the injury of your own or another’s peace or reputation.

13.Humility.
Imitate Jesus and Socrates.

原文「出典:ベンジャミン・フランクリン『自叙伝』」

ベンジャミン・フランクリンの13徳の和訳

1.節制

鈍くなるほど食べない。浮かれてしまうほど飲まない。

 

欲に支配された食事をしないのは日々心がけてることではあります。

未来の自分の健康にものすごく大きな影響を及ぼす部分ですし、日常のパフォーマンスも相当変わるので超重要事項です。

 

2.沈黙

他人や自分にとって有益じゃないことは話さない。しょうもない会話は避ける。

 

個人的に重要事項です。

口は災いの元と言いますが、私はその業を背負っているようでして、特に細心の注意を払って取り組むべき課題です。

必要ないことは言わない。言うならプラスの言葉。

 

3.規律

モノの場所を決めておく。仕事は時間決めて行う。

 

断捨離のおかげでモノをもとの位置に戻すクセはつきました。

仕事の時間管理は、DaiGoさんの超集中力という本で学んだポモドーロテクニック(25分活動、5分休憩)を駆使しています。

 

4.決断

やるべきことを決める。決めたことを確実に実行する。

 

自分との約束をキチンとまもり、それを積み重ねていくというのは大事ですよね。

逆の積み重ねをしてしまうと、セルフイメージがひどく悪くなり、戻すのにかなり時間がかかります。

 

ここでのポイントは、やるべきことは「達成可能な範囲内」にすることで確実に遂行でき、次につながりますね!

 

5.倹約

他人や自分の為にならないことにお金を使わない。無駄遣いしない。

 

テレビや雑誌などを見ていると消費欲を掻き立てる仕掛けが多いので、つい使いすぎてしまいます。

ですが、浪費は未来につながりません。

 

無駄使いしない倹約意識をまずは持ち、投資意識を培っていくことで人生が豊かになっていくのは違いありません。

他人のためにお金を使うのも、信用の積立になるので投資ですよね。

(それが打算的であっても、他人が価値を感じてくれているなら有効投資になります。)

 

6.勤勉

時間を無駄にせず、役に立つことに使う。すべての無駄な行動はやめる。

 

これはとっても難しいですね。

個人的な話で言えば、断捨離をし始めてから無駄な習慣に目が向くようになり、徐々に手放していけました。

それと引き換えに、読書や瞑想、より濃度の濃い筋トレ、質の高い食習慣などが身に付いてきています。

 

1個1個、無駄な行動を未来につながる行動と交換していく感じでシフトしていくイメージで取り組むと無理なく出来そうな気がしますね。

 

ゲームに費やす時間を減らしていけた

私は無類のゲーム好きで1日中とか平気でやってしまうタチなのですが、価値観が変わりだしてゲーム時間が減りました。

最初の内は、自分の中のゲームやりたい欲がかなり強めに抗っていたのですが、勉強することで得られるリターンの大きさを痛感し、冷静にそれと比較した結果、ゲームやりたい欲がほとんど消えていってしまいました。

ムリに抑え込んでいるというわけではないので、ストレスは特に感じません。

 

じわりじわりと自分の価値観を書き換えていくことで、習慣が変わっていくということはありますが、低きに流れず意識高めに変えられたのが嬉しいところです。

 

7.誠実

人を傷つける嘘をつかない。悪意なく公正に。発言も同じ。

 

自分の利益のために他人を犠牲にするような生き様はしたくありませんよね。

聖人君子などを目指すつもりは全くありませんし、嘘をついてはいけないとも思いません。

 

結果的に人を傷つけたりする言動は気をつけたいですね。だから時には嘘を貫いた方が良い場面もあるでしょう。

善意の嘘なら誠実の範疇じゃないかな?と個人的には思います。

それくらいの柔軟な姿勢で生きたいです。

 

8.正義

自分の責務を果たさず、他人に害を与えない。不正をしない。

 

これは、「奪う者」になるな!ということですよね。

等価交換の原則で生きよう、対価と代償を意識しよう、ってことだと理解しています。

 

「正義感にあふれ、不正を正す人物たれ」ってことではなく、少なくとも自分はそれをしないぜという姿勢。

 

9.適度

極端にならない。ブチ切れ相当のことをされてもブチ切れない。

 

振れ幅大きいとメッチャ疲れるから、なるべくバランスを保つようにしようぜ!ってことでしょうね。

ブチ切れ相当の出来事で中庸を保つのって並大抵じゃないですからね、試練です。

 

10.清潔

体、衣服、住まいを不潔にしない。

 

当たり前の話ではありますが、当たり前のように出来てないことが多いのがコレですね。

 

お風呂に入るとか服を着替えるとかトイレ掃除を毎日するとか、そういう次元の話というよりも、

ムダ毛の処理だったり、スキンケア、服も最低限のファッションを押さえ、住まいもモノがひしめいていないという一段階上の清潔さを意識したいところです。

 

「不潔じゃない」を当たり前にして、「キレイ」を当たり前にして、「洗練」を目指す。

 

11.静けさ

些細なこと、日常茶飯事や避けられない出来事で乱されない。

 

これは瞑想をしていれば楽勝です。

瞑想の習慣があると、心が鎮まっていて動じにくくなります。

 

12.貞節

性交は健康や子孫のために行う。色欲にふけって、自分や他人の生活や評判を損なわない。

 

1日1食の概念を応用すると、とても豊かな性生活が送れると思います。

食欲同様、性欲も貪ると心身に悪いです。

 

満たせる状況を維持しつつも貪らず、1回(1食)の質を高め、感謝と敬意を持つと、質そのものが高まると感じます。

 

13.謙虚

イエス・キリストとソクラテスを模倣する。

 

 

13の徳目を1つずつ実践して身につける

ベンジャミン・フランクリンは、1つずつ確実に身につけるために「まとめて行わず、1つずつ実践」し、身につけていったそうです。

1週間スパンで1つの徳目を身につけ、習慣にしていくことを意識していたそうです。

 

現代でもウィークリーチャレンジとして、チェック表を準備して行うメソッドもあるみたいです。

印刷して、1日の終わりに振り返って、翌日につなげるという習慣をつけて、13個の徳目も自分にとってのベーシックにしていきたいですね。

 

ベンジャミン・フランクリンの13の徳目 実践表

 _週目  月  火  水  木  金  土  日
 節制  鈍るほど食べない。浮かれるほど飲まない。
 沈黙  要らんこと言わない。しょーもない話しない。
 規律  モノの場所決める。仕事は時間決めて行う。
 決断  やるべきこと決めて、確実に遂行する。
 倹約  浪費しない。活きたお金の使い方を意識。
 勤勉  時間の浪費しない。時間を活かす。
 誠実  人を傷つける嘘をつかない。悪意なく公正に。
 正義  自分の責務を果たす。不正しない。
 適度  中庸を保つ。ブチ切れない。
 清潔  自分&身の回りをキレイに。
 静けさ  些細なことに動じない。堂々としていよう。
 貞節  性欲に支配されない。感謝と敬意を。
 謙虚  偉人に学ぶ。

 

スポンサーリンク