スポンサーリンク

モノの断捨離をしたことによって、習慣の断捨離につながっていきました。

何となく続けてしまっていた習慣と向き合い、「必要ないよな!」と言えるものは1つずつ手放して行きました。

 

習慣の断捨離の結果、ゲームの断捨離を開始

その結果スマホに入っていたゲームアプリは全て止めました。

今の私のスマホの中にゲームアプリの類は一切ありません。

 

PS4だけは手放せず

けれども、PS4だけは残していました。

残していたというよりは、”本当は必要ないと感じながら”も手放すことが出来ずにいました。

 

手放さないためにもっともらしい理由を探し、残していたんです。

 

モンスターハンターは時間泥棒だけど学べることは多い という記事でも書きましたように、ゲームは時間の浪費なんです。

最初は新鮮さが溢れていて、楽しくてワクワク感も強いので消費といえますが、だんだんと浪費に変わっていきます。

 

ハマったらそれに没頭してしまう

一つのことに一心不乱に熱中するのは良いことではあります。

私の場合、ゲームに熱中して1日10時間以上プレイしてしまうこともありました。

 

堀江貴文さんの「多動力」の中で語られてる”一つのことにサルのようにハマれ”というのに通ずるところはあります。

けれども、多動力を発揮するための80点まで行って飽きたら捨てる”というのが上手く出来ていませんでした。

 

そう、エンドコンテンツまでガッツリとやりこまないと気が済まなくなってしまうのです。

要は、「いつまでもダラダラとやってしまう」んです。

 

やりこみ体質なのも理由

味のしなくなったガムを噛み続けても美味しくはないように、エンドコンテンツをやりこんでいる時って、楽しいとは言えません。

 

モンハンワールドで言うと、自分の使っている武器をカスタム強化するための龍脈石が出るまで戦い続けている時です。

序盤から物語が広がっていく頃の楽しさ・ワクワク感に比べたら、それはもう雲泥の差です!

 

なのに、やりこみ体質が災いしてか、ある程度までやりこまないと納得行かないんですよね。

 

「早く飽きて、さっさと切り替える」という意識で取り組むのですが、メリハリが効くのは最初だけなんです。

後半になるにつれ、ずるずるとダラダラとプレイしてしまうことが何度もありました。

 

 

ゲームと上手く付き合えれば断捨離する必要はない

  • コレは面白そう!と思えるゲームを買う。
  • 80点くらいくらいまで遊ぶ(ゲームクリア)
  • 手放す!

これが出来れば、ゲームの美味しいところだけを味わうことが出来ますね!

 

ダラダラとプレイし続けることも無くなり、時間の消費だけで済みます。

クリアしたらスグにメルカリとかで売却すれば、ゲーム代の半分以上は回収できます。笑

 

それでも私はゲームを断捨離する

上記の上手い付き合い方が出来れば、そんなに問題はありません。

けれども、「ゲームをする」という習慣を手放して、空いたスペースに自分を高める習慣を入れたいのです。

 

というわけで、PS4は手放します!

(いつか再び買う日が来るかも知れませんが。笑)

 

PS4を手放すことで起こる連鎖反応

ゲームをする時間、エネルギーが別のことに使える』以外の作用もあります!

 

PS4を設置していたスペースが空く

そんなに大きなモノじゃないですが、その分のスペースが空きます。

 

テレビが必要なくなる

以前からTV番組は見ない生活だったので、テレビはゲームのために置いていました。

ゲームを断捨離することで、テレビも必要なくなります。

 

DVDはパソコンで見れます。

ブルーレイは見れません。笑

 

実際、DVDレンタルもしなくなりました。プライム・ビデオで十分です!

 

ゲームに関する検索、YouTube視聴が減る

ゲーム情報や攻略系の検索、YouTubeを見ていた時間が浮きます。

自分がゲームをしなくても実況は多分見ると思うので、ゼロになるわけじゃないですが大幅に削減できます!

 

まとめ

こうして書いてみると、決意が固まりますね!

個人的にはメリットの方が多く感じます。

 

去年の断捨離1年目だった頃には考えつかなかったです、PS4の断捨離とか。

やっぱり、断捨離はブラッシュアップされるものですね!

 

スポンサーリンク