スポンサーリンク

前回の記事(ボブ・プロクターの空白の法則に衝撃を受けた!

との関連で色々と調べている中で、

 

「少女ファイトというバレー漫画の9巻に片付けの大事さ、整理整頓の真髄が書かれている」

 

とのことで気になりまして、少女ファイトの9巻だけをKindle(電子書籍)で買いました。笑

少女ファイトの9巻の「Fight63 未来の選択」が神ってる

63話の中で「コレは!!」と思った言葉の一部を。

 

  • 片付いていない=時間の浪費を生む
  • 整理=ムダなものを処分、整頓=整える
  • 整理整頓は、ムダなものを捨ててから、整えること
  • モノの絶対量を減らさないと整頓など出来ない
  • もったいないという心の痛みを刻んで次の買い物に活かす
  • 自分の励みになるものは残す
  • モノは思い出を纏う、それを放置すると無意識に心の負担になってくる
  • 整理整頓が習慣化すれば問題を先送りするクセはなくなる
  • 管理能力を超える量は持っていないのと同じ

 

とても素晴らしい格言ばかりです。

部屋を片付けるという身近な行為ですが、とても重要だと分かる内容です。

 

特に良いシーンをご紹介します。

物は思い出を纏っており、放置すると無意識のうちに心の負担になってくる
物は片付ける時に嫌でもそれと向き合わねばならない
つまり片付けは、過去にかたをつける行為でもある
これからは常に必要か不要かの取捨選択を迅速に処理する習慣をつければ問題を先送りする悪癖もなくなる
いいか いつでも行き詰まったら整理整頓して掃除に励め
そうすればおのずと心も安定してくる

少女ファイト(9) (イブニングコミックス) Kindle版

 

裕福な人と貧しい人の差には、部屋の片付き方の差があると言われています。

上記のような意識や心がけが違いをもたらす違いを生んでいるのでしょう!

スポンサーリンク