スポンサーリンク

胃腸が働くのには大量のエネルギーが必要です。

暴飲暴食した後って体がダルいですが、それは当然の流れなんですよね。

 

  • 肌荒れ
  • 口内炎
  • 倦怠感
  • イライラ
  • 集中力の低下

パッと思いつくだけでもこんだけあります。

 

食事を腹八分にすれば、これらの症状は抑えられます。

ただ、それだけでは飽き足らず、ファスティングを実践してみたくなったのです。

ファスティングの本来の目的とは

世間的には「ファスティング=ダイエット」として有名なフシがありますが、

体の機能を高め、デトックス、リセットするためのものとしても有名です。

 

病に冒された体を回復させるためにファスティングをする方も多くいます。

 

ファスティングをする上で重要なこと

ファスティングについて調べて感じたのは、

”キチンと準備をしないと健康を害する可能性がある”ってところですね。

 

準備期間と復食期間をしっかり設けること、これは外せないと感じました。

特に復食期間がめちゃくちゃ大事だと思います。

 

胃腸をガッツリと休ませるわけですから、徐々に慣らしていかないと体調を崩します。

数日間何も固形物を入れてない状態なのに食欲に任せてガツガツ食べちゃうと

激しく胃もたれしてかなり苦しい思いをすることになってしまうので注意!

 

ファスティング中に飲むもの

ファスティング中は、固形物を一切入れないというものが多いです。

プチ断食なんかだと野菜スープが1日1回あったりしますが、

大体の場合、飲み物です。

 

  • 酵素ドリンク
  • 無添加野菜ジュース

このあたりが定番のようです。

 

酵素ドリンクは栄養が凝縮されているのでファスティングの定番として有名です。

野菜ジュースの場合、市販のものは余計なものが入っていないかのチェックが必要です。

 

ここで水だけだったり、栄養を補給できない飲み物だと体調を崩しやすいです。

最低限の栄養を補給できるようにしておかないと、ただの絶食生活になってしまいますね。汗

 

ファスティング中はお腹がゆるくなる?

ファスティング中にお腹がゆるくなるとか便がゆるくなるという意見もあります。

逆の方もいて、おぎやはぎの小木さんは全然便が出なかったそうです。

 

これは本人の体質によるのかも知れません。

 

本格的なファスティングは専門機関の方がよさ気

好転反応とかでグッタリしてしまうケースもあるというので、

1週間とか割と長めのファスティングをする場合、断食道場などに行くほうが安心です。

 

気軽に体験的にやるならば1日とかの方がいいのかなー?と思いますね。

 

ファスティングは段階的に実践したい

個人的に徐々にファスティングレベルを高めていくかのように、

簡単に取り組めるものから試していくのが良いと思っています。

 

例えば、

週に1回、1日断食する。→ それを1ヶ月続けたら2日に増やす。

という感じで、軽いファスティングを日々の生活に取り入れていきます。

 

ファスティング自体に体と感覚を慣れさせると1週間断食も取り組みやすいのかなと。

1日ファスティングのやり方と効果

 

1日断食の前段階として、1日2食にしてみるとか、腹八分生活をするなどもいいですね!

ファスティングの前にしておくと役立つ習慣

 

スポンサーリンク