スポンサーリンク

実家の物置を断捨離&整理整頓していたら、一風変わった5円玉が出てきました。

調べてみると、通称「フデ5」と呼ばれているそうです。(ギザ10的なアレですね!)

通常の5円玉がゴシック体で書かれているのに対し、フデ5は楷書体。

あまり見かけたことが無いので、ひょっとしたらレア物じゃない?と軽くテンションが上がりました!

 

フデ5の価値は?

フデ5って、

  • 昭和24年(1949年)
  • 昭和25年
  • 昭和26年
  • 昭和27年
  • 昭和28年
  • 昭和32年
  • 昭和33年

の7年間だけしか作られなかったんだとか。

 

昭和32年度のフデ5がレア

中でも昭和32年の発行枚数は少なく(それでも1億枚くらい)、特に価値が高いそうです。

 

ちなみに私が入手したフデ5は、

昭和25年(´・ω・`)

 

未使用品こそ希少価値がある

プレミア通貨って、未使用品こそ希少価値があって高値が付くみたいですね。

未使用ってことは、流通していないってことですから、どういうルートで入手するんだろ?

 

未使用の昭和32年度フデ5で、大体100~150円ほどの価値があるのだそう。

元が5円ってことで安く感じますが、20~30倍も価値が上がっていると考えると凄いですね(小並感)

 

ちなみに、使用済みで昭和32年以外のフデ5の価値は、5円ですw

私のフデ5の価値は、5円です。笑

 

5円玉をクエン酸でキレイにしてみた

フデ5に何かのご縁を感じたので、ピカピカにでもしてみようかってことで、やってみました。

 

使ったのは、クエン酸

5円玉の材質は黄銅で、酸性の中に入れとくとキレイになるってことで、クエン酸水に浸け置きしました。

 

 

クエン酸水に半日漬けてみた結果が、コレです。

元々がコレ。

だいぶピカピカになったんじゃないでしょうか!!

 

まあピカピカにしたところで、5円以上の価値は無いので、その価値を発揮するために普通に使います!笑

物は使ってこそ価値を発揮しますからね!

 

スポンサーリンク