スポンサーリンク

まず初めに!

私はハガレンこと鋼の錬金術師を読んだことはありません。<(`・ω・´)

近々読む予定です。笑

 

等価交換の原則とは

何かを得るときには、それと等しい価値で交換をすること。

もらうだけというワケにはいかないよ!

という原則。

 

と、理解しています。

 

この概念は、人間社会を生きていく上では、絶対に念頭に置いておきたいことですね~。

 

価値の基準は定まっていないのがミソ

価値基準は、

”交換する者同士の間で変わる”のがミソなんですよね。

 

 

スーパーだったら58円で買える水も、プールだったら150円とかじゃないと買えません。

もっというと、灼熱の砂漠だったら幾らなんでしょうか??

 

もし、砂漠で干からびそうになってヘロヘロな状態の大富豪がいるとして、

スーパーで58円で売ってる水と全く同じものを100万円で売ったとしても平気で買うでしょう。

水飲まないとじきに死んでしまう状態なので、100万だろうが払います。

 

それが渋々なのか、心からの了承なのかは分からないにせよ、

スーパーで58円で売ってる水であっても、100万円と等しい価値を感じたからこそ交換が成立します。

 

 

お祭りの屋台とかで、トロピカルジュースとか400円とかするのに皆バンバン買ってるじゃないですか。

家で作れば1杯30円くらいなんだけど、皆買います。

 

交換するに等しい価値を感じているから、買うんです。

 

物の価値が等しいという話じゃない

58円と100万円じゃ、等価じゃないじゃーん。

等価交換の等価って部分だけを見て、価格が等しいと捉えてしまうケースがありますが、

それは正しくないです。

 

交換するにあたって、この条件だったら価値が等しいよねってなって

初めて成り立つものなので、価値は一定とは限りません。

 

好きな等価交換の例

幽☆遊☆白書という漫画の中で、時雨という医者(でありながら強い戦士)が出てきます。

 

この時雨というキャラはひとクセあって、

施術するかどうかは、「患者の生き様に惹かれるかどうか?」で判断し、

施術の支払いは、「患者の人生の一部」なんですよね。

 

お金じゃない価値での等価交換の良い例だと思ったので書きました(゚∀゚)

しかも、もらう相手の人生の一部ってのがまたヤラシイんですよね!

 

余談ですが、既存の価値基準に囚われない自分なりの基準に猛烈に憧れます。

それを現実社会で思い切り実現するには、お金の不自由から解放される必要があります。

 

無償の愛は等価なの?

個人的には、親の子に対する無償の愛は等価交換だと思います。

何でかって言うと、よその子には無償の愛を注がないからです。

(血がつながっているいないではなく、他人の子)

 

自分の分身とも言えるかわいいかわいい我が子という存在。

我が子がくれるエネルギーや心の充足感を価値として感じているので、

自分の命を投げ打つくらいの行動が出来るんだ。と思うんですよね。

 

もちろん、遺伝子レベルで決められた本能の部分もあると思います。

同時に、自分の命以上の価値を感じ、得ているというのもある。

(だから、血がつながってなくても同様のことがある)

 

 

例外と思うのが、マザー・テレサのような無償の愛です。

「分け隔てない無償の愛」は例外というか別次元の話だと感じます。

 

 

 

”他人からよく親切にされる人”っていますよね?

そういう人って、何らかの形で他人に価値を与えているから、

等価交換の原則で”他人からよく親切にされる”という価値が得られます。

 

「情けは人のためならず」ってやつです!

 

逆もまたあって、人を不快にしまくっている人には、

等価交換の原則が働いて、嫌がらせをされたり、不遇な対応をされたりします。

困っても誰も手を貸してくれなかったりもします。

 

「自分の撒いた種」ってやつです!

 

そんな感じで等価交換の原則を考えると、生き方を見直したくなりますね!

 

まあこのあたりは、等価交換の原則っていうよりも、

因果応報の法則として広く知られていますよね。

 

 

自分との等価交換もある

上では、他人や自分以外との等価交換についてでしたが、

自分自身との等価交換もあります。

 

未来の自分との等価交換です。

 

「明日から本気出す。」

これは、未来の自分との等価交換。

 

今ラクをする=明日ガンバらなきゃいけない

という感じ。

 

時空を超えていますが、ゆくゆくツケを払う・帳尻を合わせることになるので

今日ラクしたこととの等価交換ですよね。

 

逆に、

「明日ラクするために今日本気出す。」

も未来の自分との等価交換。

 

今日ガンバる=明日ラクできる

 

 

・・・よし、今日ガンバるぞ!∠( ゚д゚)/

 

等価交換という嘘という記事タイトルのブログがあるけど

等価交換で検索すると上の方に表示されているブログがあります。

 

「等価交換という嘘」がタイトルですが、

あくまで切り口は「万物に対する普遍的な法則として捉えられてるのは違くね?」です。

 

確かに!と思える内容です。

 

コメントまで読むと、中には「ん?」ってのもありますが、

反響の多い記事だと思うし、等価交換の原則に興味を持ってる方が多いのが分かりますね!

 

生活に役に立てるには?

個人的には、等価交換の原則が自然の法則か?とかは、

正直どうでも良かったりします。

 

等価交換の原則から感じられるエッセンスを生活レベルに落とし込んでみると、

色んな気づきがあるんじゃない?という切り口でこの記事を書いています。

 

 

「今していること=???」

今していることと交換される等価のモノは何だろう?

っていうことを意識すると、”今を生きよう”って気分になれませんか?

 

 

ま、とりあえずは、、、

鋼の錬金術師、読みます!(笑

スポンサーリンク