スポンサーリンク

「今までの歯科常識を打ち破る1冊!!」というコピーに、一切の誇張はありませんでした!衝撃受けました。

虫歯を削らなくても治る理由に驚愕

「こういった情報、知識が得られるから読書は素晴らしい!」と思わず膝を打ちました。

治療時間わずか10分。驚異のドックベスト療法

『虫歯は条件が整えば自然に治る』のだそう。

 

その条件ってのが、

  • 虫歯にできるだけ触れない
  • 象牙質の液体移送システムがおかしくならないような食事や生活をする

 

※象牙質の液体移送システムは説明が難しいので本書に譲ります!!

(要するに内側から虫歯になってしまうから、その原因をなるべく減らそうねってことです。・・・多分w)

 

「削らない治療法=自然治癒力を活かす療法」なので、当然従来の外科的な歯を削る治療より時間がかかるという弱点があります。

その弱点をサクッと乗り越えつつ、歯を削らない虫歯治療法が「ドックベスト療法」だといいます。

 

ドックベスト療法を43文字で説明するとこんな感じ!

虫歯を自然に治してくれるセメントを塗ってフタをするだけ。わずか10分。しかも痛みなし!

「そんなことあるの?!(゚д゚)」ってな話ですが、本当なんだそうですよ。

 

歯医者業界の裏側はどうなってるんだろう

歯医者は削らないと診療報酬がもらえないらしいです。(今の健康保険制度だと。)

そういった背景が実はあって、「虫歯=削る」という常識が出来上がっているのだそうです。

しかも1回の治療を少なめにして、回数を多くすることで、1回あたりの治療費を安く感じさせているといった話もあります。

 

 

私は定期的に歯医者さんに検診に行って、クリーニングをしてもらっているんですが、微妙に感じることもちょくちょくあります。

数ヶ月前に行ったときは、歯科医療の制度が変わったとか何とかで歯の写真を撮らなければいけないということで、ひと手間増えてました。

相変わらずやたらとフッ素を推してくるし、意味不明なタイミングで一手間増えるし、なんだかなあと思う次第です。

歯医者業界も色々と大変なんだろうとは思いますけどね!

 

【虫歯・歯周病予防】これをすればいいのか!

著者である小峰一雄先生は、「虫歯の9割は防げる!m9( ゚Д゚)」と言っていて、小峰式虫歯予防プログラムというものを実践されています。

中でも重要とされているのが、『シュガーカット/シュガーコントロール』と『糖質制限』です。

 

シュガーカットとシュガーコントロールで虫歯予防

  • シュガーカット・・・砂糖を一切取らない
  • シュガーコントロール・・・砂糖を制限する

と紹介されています。

虫歯の一番の原因は砂糖だと書かれていて、「まずはそこからだ!( ー`дー´)」ということで砂糖を断ったり、制限することで予防するそうです。いくつか事例が紹介されていますが、効果てきめんのようです。

効果的な制限量はもちろん個人差があると思いますが、虫歯のみならず他の病気の原因だったりするので、可能な限り減らしたほうが良いと個人的には感じてます。

 

糖質制限で歯周病を予防

炭水化物(中でも糖質)を摂りすぎる食生活は、体によくない・太ることは知っている人が多いです。それらのみならず、歯の健康にも大きく関わっているのだそうです。

 

現代の食習慣って、炭水化物過多になりやすいです。間違いなく。

 

なので、自分は摂り過ぎてないと思っていても実は結構オーバーしてるってケースも多々ありえます。

その場合、制限することは簡単ですし、変化も感じやすく、おまけに体型までスリムになれちゃうかもしれません!!笑

 

昔、ひどい食生活(インスタントラーメンとかお菓子ばかり)をしていたとき、妙に歯茎がジンジンするようなむず痒くなることがちょくちょくありました。

今思えば、糖質過多、砂糖のとりすぎだったなと思います。マジで食生活って大事だと痛感してます。

 

  • 砂糖を減らす
  • 糖質を減らして、代わりに野菜とかタンパク質食品を増やす

こういった取り組みは簡単ですし、効果も感じやすいと思うのですぐさま取り入れる価値の高いものだと思います!

 

食後30分は歯磨きしない

食後は歯の表面が酸性になっているので、その状態でハミガキをすると表面のエナメル質が削られてしまいます。

30分くらい経つと唾液によって口の中が中和し、再石灰化(エナメル質を修復)が起こるのでハミガキしてもOKなんだとか。

 

本には載ってませんでしたが、重曹うがいをすれば口の中が中和されるという情報もあるので、「食後にすぐハミガキしたいんや!( ゚Д゚)」という方は重曹がオススメです。(重曹はアルカリ性なので。)

※「重曹飲めば、酸性に傾いた体が中和されるよ!不味いけどw」的な話は書かれていました。

 

削らない歯医者さんは増えるのか?

歯医者さんってコンビニよりも多いってよく言われます。

いろんな背景があるんだとは思いますが、もう少し小峰一雄先生のような削らない歯医者さんが増えていくのも良いなあと感じました。

(巻末に各都道府県の歯科医のリストが載っています。)

 

ただ、どの業界にも利権ってものがあり、その壁は高くて厚いもんです。

とはいえ、潰されること無く徐々にではあるけれども広がっているところを見るに、今後普及していく可能性も感じられます。

 

削らない歯医者が増えることを願うよりも、毎日の口腔ケアをしっかりとして虫歯にならないことの方が大事ですけどね!(●´ϖ`●)

いろんな学びが得られる良書だと思います。ちょっとでも興味があるなら買って損なしだと思いますよ!

 

スポンサーリンク