スポンサーリンク

人はストレスを感じると、その状態から逃れたくなります。

健全な方法でストレスを解消できるのが理想ですが、”ストレスを刺激でごまかす”ようなストレス解消が多く、それにハマってしまいがちなのが現実の難しいところです。

食欲だけじゃない刺激物の誘惑

人生を左右するほど強烈な刺激物を挙げてみます。

ドラッグ

刺激物の最たる例ですよね。

手を出したら最後、終了フラグが立ちます。人生を破壊するほどの恐ろしいリスクがあります。ダメゼッタイです。

タバコ

ストレスを毒という刺激でごまかす代表例です。

吸いすぎて命を落としてしまう人は多くないので、害はあるけど利点もあると信じる人は結構いる感じです。

酔えればOKな安酒

少量では物足りなさを感じるし、多く飲めば体に残る不純物は少なくありません。

安いので手に入りやすいですが、飲んで満たされる感覚にはなりにくいと個人的には感じます。

高級車、タワーマンション、ゴージャス感などのお金系の刺激

お金を稼ぎたい人からお金を巻き上げる時によく使われていますね。

ポルノや風俗などのインスタントで性欲を掻き立てる刺激

性産業という巨大な産業を支えている面もありますが、3S政策の一つでもあります。

好き勝手に言いたい放題に他人をこき下ろせる匿名掲示板

日常のストレスを他人にぶつけるだけの血で血を洗うようなネット社会の闇ですね。

などがあります。

 

これらはドーピングのような刺激物なので、体が慣れてしまいスグに物足りなくなって泥沼にハマりがちです。

人生が狂ってしまう人も少なくありません!

 

上記の刺激も気をつけたいところですが、個人的に最も気をつけたほうが良いと感じているのが食です。

添加物たっぷりの食品は刺激物!中毒性が強い

疲れている時や気分が落ちている時、、、

無性にジャンクフードだとかカップ麺だとかポテトチップス、甘ーいチョコレート、食べたくなりませんか?

 

そしてその後、高確率でもっと欲しくなります(´・ω・`)

 

「足りない!もっとだ!!」

と欲望が刺激されてしまいます。

関連記事:ポテチを止める方法【ポテチ依存症を克服】

そして食べると美味しく感じ、幸せな気分になります。(一時的に。)

脳の報酬系が喜んでいるんです。

 

ただその幸せな状態は長くは続きません。。。

なぜなら、ドーピングのようなもので、一時的に満たされたような感覚になっているだけです。

 

実際は、体は満足どころかダメージを受けていて、個人差はありますが悪影響があらわれます。

一時的にはストレス解消のように感じていますが、実際はストレスを受けています。

 

じゃあどうしたらいいのか?

  1. 刺激物がストレス解消ではないと知る
  2. 刺激物を減らす
  3. 刺激物をやめると全然平気だし、むしろ要らなくなる

こういったことを体感することが大事だと思います!

 

最初は脳の報酬系の抵抗があるのか、すんなりは行きません。

しかし、山場を超えるとあら不思議!ってくらいに楽になります!!

スポンサーリンク