スポンサーリンク

京都に行った際、京都駅近くの「京都Hana Hostel(花宿)」に泊まってみました。

Kyoto Hana Hostel -京都花宿

 

路地を入ったところにあるものの、バーンと「Hana Hostel」と書かれているので一目瞭然で分かります!

 

京都駅まで徒歩7分という良好なロケーションです。

 

受付が22時までとなっており、それ以降は入り口はロックされます。

宿泊費合計は「2,680円」。京都には宿泊税があるぞ

今回は、”agodaで予約して、受付時に直接支払い”という方式でした。

宿泊費は「2,380円」で、クレジットカード決済で問題なく完了。

 

意外だったのが、京都市では宿泊税というものがあり、それが200円別途でかかったんです。(平成30年10月1日から施行されたようです。)

京都市オフィシャルウェブサイト:http://www.city.kyoto.lg.jp/gyozai/page/0000232119.html

 

あと、タオルが無かったのでタオル代100円と合わせて「300円」を現金で支払いました。

 

宿泊にかかった金額は、合計『2,680円です。安い!

京都駅まで徒歩7分くらいの距離で、シャワー浴びれて布団で眠れてこの値段だったらありがたい価格です。

 

宿泊客の大半は外国人観光客

お店のコンセプト的にお客さんのメインは外国人観光客です。

実際にホステル内には、さまざまな国籍の外国人がいました。

 

意外なのが、女性が圧倒的に多かったことです。

友達同士で旅行してたり、ひとり旅してたりする女性客がかなり多かったのが印象的です。

 

ベッドの寝心地は十分

室内は湿気がやや気になりましたが、問題なく過ごせるレベルではあります。

布団の寝心地も十分で、しっかりと睡眠を取ることが出来ました。

同室の宿泊客にイビキが強い人がいたので、やはりここでも耳栓が大いに活躍してくれました!

耳栓が有るか無いかで睡眠の質に天地の差が出てしまうので、常備必須ですね。

 

ちなみに、シーツは自分でセットするシステムとなっていました。セルフベッドメイキングです。

若干めんどくさいなと思いますが、5分もあれば完了するのでテキパキとやってしまいましょう!

 

チェックアウト時にはシーツを外して、廊下のカゴに入れておいてください」という注意書きがベッド横の棚に貼ってあります。

お構いなしにそのままで帰ってる人もいましたが、安い宿泊費で提供してくれているのを応援したい気持ちがあるので、そこはキッチリと守りました。

 

水回りはキレイ。さすが日本

シャワールームもトイレも一定のキレイさをクリアしています。さすが日本と言ったところです。

外国人観光客が多いようなホステルでも水回りのキレイさがキープされてるのは、結構マメに清掃してるんだと思います。ありがたいですね。

 

ただ、洗面台の棚は宿泊客のものなのか、以前の宿泊客のものなのか分からないような私物がゴチャゴチャ置かれていてました。笑

これはホステルあるあるの光景です。

 

周辺には飲食店も多くて便利

Hana Hostelは京都駅に近いということもあり、周りに色んなお店があります。

私は利用しませんでしたが、飲食で困ることは無さそうです。

 

マジで立地が良いので、外国人観光客じゃなくてもココを拠点に京都観光するのはアリだなぁと感じました。

例えば、金閣寺までバス1本(所要時間45分)で行けちゃいます。

 

京都Hana Hostel(花宿)はこんな人にオススメ

  • 京都駅に近くて安いところに泊まりたい
  • 観光メインで京都に滞在したい

 

Kyoto Hana Hostel -京都花宿の情報をagodaでチェックする

スポンサーリンク