スポンサーリンク

バンコク市内には無数のローカルバスが走っています。

種類がたくさんなだけに使いこなせたら便利な半面、その種類の多さが取っ付きにくさにもつながっています。

ViaBusアプリがあれば、バンコクのローカルバスに乗れちゃう

そんな感じで心理的な障壁は分厚く高かったのですが、それをスッと超えさせてくれた”救世主的な1つのアプリ”があります。

それがコチラ。ViaBus(ビアバス)』というアプリです。

 

使い方はシンプルで、「目的地を入力」するだけです。

現在地からの最寄りバスが表示され、バス停に移動し、目的の番号のバスを待つだけです。

この時は、ジョークサムヤーン(サムヤーン)の帰りにバスを使いました。行き先はプロンポン駅です。

関連記事:ジョークの人気店「ジョークサムヤーン」に行ってきた

 

サムヤーンにはMRT(地下鉄)があるので、それを使って帰ることも出来ますが、こうしてローカルバスに揺られて帰るのもあります。

(ちなみに40番のバスはエアコン付きなので快適です。)

実際にローカルバスに乗った流れ

実際乗ってみると、「そこまで難しくはないんだな」と感じられます。

やっぱり経験値0と1では雲泥の差があります。1回だけでも経験しておくと違いますね!

 

ただバンコクのローカルバスは、正直親切ではありません。

乗る際は、「乗りますよ!」とアピールをしなければ停まってくれませんし、さっさと乗らないとスグに出発してしまいます。

降りる人が多いとそれに応じて停車時間も長くなったりはしますが、基本的にさっさと出発しちゃうのが特徴です。

 

バス代はアプリで分からないのがネック

乗り込むと係の人が集金に来ます。整理券システムなんてありません。ここが日本と違うところです。

目的地を口頭で伝え、料金を支払うのですが、ViaBusには料金が表示されないので幾らかかるかが分かりません。

 

なので、おすすめなのが

  • 係の人に聞く
  • 20バーツくらいとりあえず渡してお釣りをもらう

正直、後者の方法が手っ取り早くておすすめです。

 

ちなみに私の場合は、13バーツ(約44円)でした。(安い!)

目的地までの距離もありますが、エアコン付きバスだと金額は高くなるようです。

なので、乗ったバスがエアコン無しのバスだったら、半分くらいなのかも知れません。

 

かかる時間は渋滞状況に左右される

私がバスに乗ったのは夕方5時くらいだったということもあり、かなりの渋滞が発生してました。

しかも、バンコクのメイン道路であるスクンビット線を通りますから、時間はかかります。

 

所要時間は、47分でした。

数字だけ見ると、結構時間がかかっているようにも感じますが、混み合う時間帯でコレならマシな方かなとも思えます。

ただせっかくバスに乗るなら混まない時間帯(お昼とか?)の方が圧倒的な恩恵を受けられそうではあります。

 

ローカルバスに乗ってみた感想

所要時間47分でしたが、ずっと椅子に座って移動することが出来ましたので苦ではありませんでした。

これがずっと立ちっぱなしとかだと話は別になります。

「BTSの駅周辺まで行ったらそこで降りて、電車移動する」というのも使い方としてはあるかも知れません。

 

バンコクのバスはこれまで移動手段の選択肢として除外していましたが、ViaBusのおかげで使えるようになりました。

最初の最初はドキドキしますが、1回使ってみるとだいぶ違いますね!

 

BTSやMRT外のエリアに出かける際などにはローカルバスが重宝すると思うので、その時はViaBusをフル活用して乗りこなしてみてはいかがでしょうか?

ViaBus

ViaBus

Intouch Marsvongpragorn無料posted withアプリーチ

 

スポンサーリンク