スポンサーリンク

今回のタイ14日間の旅で、4箇所のホステルにそれぞれ2泊以上してきました。

連泊した感想を本音でレビューしますので、宿選びの参考になれば幸いです!

ザ・コクーンホステル(Cocoon Hostel)

  • 3泊 2,963円
  • 1泊あたり988円

ザ コクーン ホステル (The Cocoon Hostel)/agoda

 

BTSラーチャテーウィー駅から徒歩10分くらいのところにあります。

ピンクのカオマンガイや緑のカオマンガイなども徒歩圏内(往復15分くらい)なので、そこそこ便利な立地です。

プラトゥーナムエリアは、ドンムアン空港からバンコク市内に入っても、スワンナプーム国際空港からバンコク市内に入っても通ります。

アソークやプロンポンに行く道中にあるので、「旅の序盤には打って付けだな!」と思って滞在してみましたが、正解でした!

 

プラトゥーナムエリアが良き理由

  • カオマンガイの名店「ピンクのカオマンガイ」と「緑のカオマンガイ」が徒歩圏内(往復15分くらい)にあります。
  • パッタイの超人気店「ティップサマイ」へのアクセスも他のエリアに比べたら良いです。
  • 日本人御用達ショッピングモールMBKにも近い。(徒歩20分。バイクタクシーなら約5分。)

などなど、結構快適に過ごせる環境となっているんです!

 

まだまだ気がついていない良きポイントもあるかと思いますので、機会があればまた滞在したいエリアです。

 

ベッドは快適だが、宿泊客の入れ替わりが激しくて落ち着かない感じはある

今回、6ベッドドミトリールームに泊まりましたが、1泊のみの宿泊客が多かった印象です。(私は3泊。)

友達同士で泊まる人たちも結構いましたが、マナーも良く、部屋内でガヤガヤしたりすることもありませんでした。

ただ、イビキをかく人は一定数いました。

耳栓は必須アイテムとなっているので、被害は最小限に食い止められましたが、耳栓無しだと睡眠の質はかなり落ちると思います。

 

イビキに関しては本人に悪気は全く無いし、食い止めようも無いため、周りが柔軟に対応するしかありません。

こればっかりはドミトリーの宿命といったところですかね。。。

 

水回りは残念感が強い

2階と3階にシャワールーム&トイレがあります。

2階は女性専用で、3階が男女兼用でした。

 

シャワーのお湯の出が悪い場所もあったり、排水口の流れが悪かったりと、典型的な水回りが残念な要素が揃っていました。

他の点が良いだけに目立ってしまうデメリットです。

 

共有スペースがスゴイ快適

ザ・コクーンホステルは、とにかく共有スペースが快適でした。

Wi-Fiも快適ですし、ウォーターサーバー完備だし、コーヒーも自由に飲めるので居心地の良い空間で、仕事もはかどります。

(朝とか夜は、みんながワイワイしているので仕事には適さないけど。)

エントランスが一面ガラス窓となっているため昼間は光が入って雰囲気がとても良いんです。

今回の旅でダントツに良い共有スペースでした!

 

使い方は分かりませんが、映画とかも見れるようです。

 

調理用具なんかも揃っているので、自炊も出来ますし、テイクアウェイした食事を食べるのにも適しています。

冷蔵庫に買い置きしたビールを入れておきましたが、勝手に飲まれたりすることはありませんでした。

 

共有スペースの快適さは優先順位高い

今回の旅で、改めてホステルは「共有スペースの快適さは大事」だと感じました。

Wi-Fiがスピーディーで、ゆっくり仕事が出来る時間帯があればホント文句なしですね!

 

それと私の場合、タイ料理を食べながらビールを飲みたいので、テイクアウェイして食べられる空間があると非常に助かります。

気兼ねなく食事を取れて、食器なども充実している共有スペースがあるだけで旅の満足度は間違いなく高まります!

 

コクーンホステルはコスパ高いオススメ宿

  • 「ピンクのカオマンガイ」「緑のカオマンガイ」「ティップサマイ」これら有名店へのアクセスが割と良い立地
  • 値段もお手頃(1泊約1,000円)
  • 駅まで徒歩10分圏内
  • MBKも結構近い(徒歩約20分)

というなかなか便利な条件が揃っています。

 

ずっと滞在し続けるのも悪くない場所だと感じます。

ただ1点、水回りが割と残念ってところに目をつぶれば、かなり満足度の高い宿だと言えます。

 

ザ コクーン ホステル (The Cocoon Hostel)をagodaで見てみる

スポンサーリンク