スポンサーリンク

14日間の旅も早11日目。

バンコクで一番長く滞在している地・プロンポンを拠点に新たなお店に行ってみたりしています!

日曜日のAIS D.C.は昼間から混んでる!空いてる時間は?

12:30くらいにエンポリアム5階のAIS D.C.入りです。

割と混んでる感じ。日曜日だからかな?(ちなみにエンポリアムも混んでました。)

この後、2時間くらいしたらグングン混んできてました。

昼前と夜が空いてる時間帯

  • オープン10:30から3時間くらい
  • 18:00過ぎから閉店まで

が割と空いているっぽいです!

ベンチャシリ公園(公園オブ・ザ・イヤー)で筋トレ

今日も今日とてベンチャシリ公園で筋トレします。

筋トレといっても、基本的に1部位+αくらいしかしないので、毎日出来ますし、時間もかかりません。

 

AIS D.C.が冷房ガンガンで体が冷えるので、合間に屋外での筋トレを挟むことでちょうどいいんですよね。

ここはホント色んな人がいて凄いなと思います。

ダイエット目的やお年寄りの健康増進、遊具で遊ぶ子供、筋トレガチ勢と幅広い層がみんな気兼ねなく愛用しています。

 

日本だと他人の目をやたらと気にするので、こんなに多くの層が一同に介することは稀です。

そういった自由で平等な雰囲気が漂っているベンチャシリ公園、好きですわ~。公園オブ・ザ・イヤーです。

 

トンローの有名ジョーク(タイ風お粥)屋「ジョークバンコク」へ!

お腹が空いてなかったので、朝も昼も食べずにいました。

15時くらいにそろそろ食べよかなという事で、トンローにあるジョーク(お粥)が有名なお店へ!

トンロー駅から徒歩約11分です。

お店までの道は狭くないし平坦なので歩きでも楽勝ですが、バイクタクシーなどを使うと快適かと思います。

 

道中気になったものがあったので、パシャリ。

タイでもインビザラインは有名です。多分、日本よりメジャーな気がします。

(私自身、2018年の9月くらいに存在を知ったくらいですし。笑)

 

タイでワイヤー矯正をしている女子はよく見かけます。インビザラインはパッと見よく分からないですが、実際結構いるんじゃないかなと思います。

っていうくらいそこら中に歯科クリニックがあります。

関連記事:歯並び矯正(出っ歯)したいから無料相談行ってきた【インビザライン】

 

町並みを楽しみながら10分くらい歩いていると、目的の「ジョークバンコク」に到着です。

店頭にはマンゴーが置いてあったり、ちょっとしたカフェスペースもあります。

ジョークバンコクの営業時間はまさかの21時間

営業時間は、0:00~3:00と書いてあります。(21時間営業…ッ!)

時間も時間だったので(15:30くらい)、店内は空いてました。

ジョーク(お粥)ですから、カオマンガイやパッタイと違ってマイナーですし、観光客は多く無さそうです。

日本人の駐在員が多い地域ということで、日本人っぽいオジサンが食事してました。

 

さて、私の目的はジョークです!

種類が多くて迷います。

塩卵(カイケム)かピータン(カイヨーマー)で迷いましたが、塩卵をチョイス!

 

他にもトムヤムクンだとかパッタイなど様々なメニューがあり、ワクワク感が高まってしまいます。

ここは、他のお店との食べ比べもしたいということで、パッタイ(チキン)を注文。

 

豚のつみれと塩卵のジョーク(商品名は「お粥(豚肉入り)+塩卵」)60バーツ(約204円)。

「薬味はお好みでどうぞ」と別皿で出てきました。こういう心配りはありがたいですね!

上の茶色いのは何かを油で揚げたものです。右がネギで、左が生姜です。

生姜はサイズがそこそこ大きいので、多めに入れてしまうと辛くなって台無しになってしまうので注意!

 

薬味をほどよく散らして、いただきます。

お粥は粘度が高いです。

個人的にはもう少しサラサラしていた方が好みです。(ターミナル21のジョークはサラッとしていた。)

 

味付けは程よくて美味しいです。

そして、塩卵。ネーミング的に塩っぱそうな印象がありましたが、そんなことはなく絶妙な塩加減が美味。これ美味しいです。

 

パッタイチキン 80バーツ(約272円)

(チキンとポークは80バーツ、エビパッタイは120バーツと少々お高め。)

お味は安定の美味しさです。パッタイはハズレが少ないです。

個人的には、ジョークよりパッタイの方が美味しいと感じました。

 

パッタイって味が外れにくくはありますが、ベジタリアン用のパッタイは味気なくて正直微妙です。

イムちゃんとティップサマイで、ベジタリアン用パッタイを食べましたが、パッタイ風の別のものって言ってもいいくらい本来の良さが薄れている気がしてます。

 

Mae Varee(メーワーリー)でカオニャオマムアン

ジョークバンコクと同じ通りにメーワーリーというマンゴーの有名店があります。(こちらのお店は駅からスグの場所。)

パタヤのターミナル21で初めて食べて、「これは美味しいから有名店のも食べてみたい!」ということでやってきました。

Mae Varee(メーワーリー)の営業時間

6:00~23:00まで営業しているので、大体欲しいタイミングで買えます。

 

店内で食べることは出来ないタイプのお店なので、ホステルに持って帰っていただきます。

Mae Varee(メーワーリー)のカオニャオマムアン 150バーツ(約510円)

↑こんな感じでパッキングされて店頭に並んでいます。購入後、トッピングのココナッツミルクと茶色いお米をもらいます。

 

トッピング全投入した後の図。

ココナッツミルクだと知らないと、練乳っぽく見えて激甘スイーツに見えてきます。笑

 

味はフツーに美味しいです。

美味しいんですが、なんだろう、初体験の衝撃みたいのが無くなっているせいか、申し訳ないけど「こんなものかー」って感じてしまいました。

リピートはしないと思います。

 

11日目を終えての感想「食費は予算(1万円)を軽くオーバーしてる」

  • AIS D.C.でサクッとお仕事をして
  • ベンチャシリ公園で筋トレして
  • 気になるタイ料理のお店に行く

正直、これだけで満足度高いと思いますし、残りの日々はこう過ごします。笑

 

「日本より物価の低いタイで1日2食なんだけど、あれこれと食べに行きビールも飲むことで、日本に居るときよりも食費かかってる件w」

 

12日目に続く

スポンサーリンク