スポンサーリンク

タイ3日目はあまり移動せず、パッタイの人気店「ティップサマイ」に行くのをメインの目的の日にします。

よって、午前中は外出は控え、ホステルでのんびりします。

コクーンホステルは共有スペースが快適なので、

  • ストレッチ
  • 筋トレ
  • 勉強
  • PC作業

と、もろもろはかどります。(ホントありがたい!)

お昼は「緑のカオマンガイ」

前日の夜に食べたピンクのカオマンガイの記憶が新しいということもあり、食べ比べをしてみました。

緑のカオマンガイは、

  • テイクアウェイはほぼ並びなし
  • スープが美味しい

という良さはあるものの、「鶏肉の柔らかさ」「ライスの食感」でピンクのカオマンガイに劣ります。

十分美味しいんですけどね!食べ比べるとこういう結果になります。

ティップサマイで噂のパッタイに舌鼓をうちたい

前回の旅では、

  • 他にも行ってみたいお店がいくつもあった
  • アクセスがよくないため敬遠していた

という理由で行かず終いだったパッタイの名店「ティップサマイ」。

 

今回は良さ気な行き方を見つけたので、行ってきました!

プラトゥーナム地域からティップサマイへの行き方

水上バスを活用するといい感じに行けるルートがありました。

  

MBKセンターの北(橋の下のあたり。)に水上バスの乗り場があります。

 

水上バスは便利

水上バス(川を走る船)はローカル感が強くて最初は不安ですが、一度乗ってしまえば何てことはありません。

他の人の動きを見て、それに続くようにすれば特に問題ナシです!

 

水上バスを活用する人たち。

 

料金はおそらく一律です。

前回の旅でMBKの北からプラトゥーナム(ピンクのカオマンガイ近く)まで乗ったときは8バーツでした。

集金係の人が来たら、10バーツを渡しておけば確実かと思われます!

 

ティップサマイの最寄りの水上バス乗り場は、『PANFA LEELARD』です。

降りる人がメチャメチャ多い(ほぼ全員)ので分かりやすいと思います。

ここから約5分ほど歩くとティップサマイにたどり着けます。

 

人気過ぎて開店前から大行列

17時開店ということで、16:45くらいに到着したらこの大行列!

お店の中では、朝礼が行われていました。

国際色豊かな面々が有名なパッタイを食するために蒸し暑い中、並びます。

 

外の調理場は、基本的にテイクアウェイ(持ち帰り)用のパッタイを作っています。

熟練の手さばきと熱気があり、見ていて飽きないので待ち時間にちょうどいいエンタメと言えます。笑

 

17:23に入店

16:45から並んで、17:23に入店できたので並び時間は、約40分です。

土曜日だったのも手伝った混み方かも知れません。

 

入店し、注文してパッタイが届いたのが、17:32でしたので、待ち時間でいうと『1時間9分』!!笑

移動時間も含めると2時間コースですw

 

席は、外から見えるだけじゃなく、奥にもありますし、2階にもあるようです。

奥と2階はエアコンが効いている部屋ということで追加で10バーツかかります。空いてるときは選べそうですが、大行列の時は案内されるがままです。

とは言え、涼しいほうが快適に食事が出来ます!

 

お一人様でも1テーブルで案内してくれるのがありがたいところです。

私を含め、お一人様客はチラホラいました。

 

注文ミスって定番メニューを逃すw

各テーブルには、↓のような注文カードが置いてあり、数を書いて店員さんに渡すシステムです。

普通のパッタイと卵包みパッタイを1皿ずつ注文するつもりが、ミスりましたw

 

まずは、普通のパッタイが来ます。

コレね、スゴく美味しいです。

味付けが絶妙なんですよ!味に深みがあって、他のお店のパッタイとは一線を画する味です。

 

続いて登場したのが、↓の写真の右側のパッタイです。

「あれ?卵で包まれていないぞ?」

 

そう、卵包みパッタイを注文できてなかったのです。

私が注文したのは、「干しエビと卵のパッタイ」と「ベジタリアンパッタイ」でした。笑

(※ベジタリアンパッタイは普通のパッタイの倍くらいの量がありますが、味は物足りないです。)

卵包みパッタイは、その下の『SUPERB PADTHAIのwrapped with egg 90バーツ』です!

 

注文する時に、何やら店員さんが早口な英語でアレコレ言っていたんですよ。

何を言っているのか分からなかったので、分からない顔をしていたら舌打ちしてどこかへ行ってしまったんですが、おそらく「あなたの欲しいものと注文の内容は違っていますよ!」ということを伝えようとしてくれたのだと思います。

英語力がプアーすぎて申し訳なくなってしまいました。笑

 

お会計は、130バーツ(約440円)でした。帰り際にステッカーをくれました。

結果的には、目的を果たせませんでしたが、再び来るきっかけが出来ましたし、また食べたいほどの味でもあります!

 

歩きはキツイ(当たり前w)

行きは水上バスと歩きでしたが、ちょっと食べ過ぎた感があったので帰りは歩きました。

約1時間かかりました(14,000歩くらい)。

 

日が沈んでいても歩いていれば汗がバンバン出てきます。

手ぶらならマシですが、リュックサックを背負っていたのでなおさらです。

その後は、ホステルに戻ってのんびりするだけなので汗だくでもいいですが、日中は何かしらの交通手段をフル活用すべきですね!笑

 

ティップサマイはMBKついでに行きやすい場所

MBKセンターから水上バスの乗り場までが近いので、夕方まで買い物をしてパッタイ食べて帰るプランもありだと思います!

MBKセンターからティップサマイ

水上バスの料金は、9バーツです。

 

3日目を終えての感想

人気店にはそれなりの理由がある!並ぶ価値アリ!

4日目に続く

 

スポンサーリンク