スポンサーリンク

 

8日目にして体調を崩してしまいましたが、丸1日の断食(飲み物のみ)にした甲斐あってか、体はいい感じに回復しています!

温かい紅茶が飲みたいなということで、ホステルの共有スペースへ。

シーロムスペースホステルの共有スペースは居心地抜群

結構みんなガッツリと朝食を食べている。笑

 

シーロムスペースホステルでは、

「コーヒー/紅茶/水」

「パン/ビスケット/インスタントラーメン」

結構色々あって好きに食べていい自由な感じです。

 

ということもあって、朝からラーメンずるずるやってる人は結構多いんですよね。

いい食べっぷりだなーと関心してしまう女子も結構いました。笑

 

 

私は温かい紅茶(Liptonのイエローラベル)を飲んで、ほっと一息。

インスタントラーメンも美味しそうに見えるし、トーストされたパンの香ばしいニオイが食欲をそそるけど、決して多くないお腹の容量をそれで消耗したくない!

という思いでスルーします。

 

ここの共有スペースは、これまで泊まった宿の中でも一番居心地がいいと感じました。

(パタヤのノンゼホステルも良さげだったのですが、朝食時にしか寄らなかったので何とも言えません。)

 

Wi-Fiもスイスイだし、コーヒーや紅茶もあるし、何より広いです。

 

シーロムスペースホステルでお洗濯

パタヤでは洗濯をしなかったのでその分が溜まっていました。洗濯はセルフです。(有料)

洗濯機が2台、乾燥機が1台ありました。(他の階にも同じようにあるのかも)

乾燥機の横のキャッシャーが壊れているので、フロントにて60バーツを支払い

洗濯機が1回40バーツ。乾燥機が60バーツで乾くまで使っていいよとのことでした。

 

程よい時間後に向かうと、乾燥機が使われていて自分の衣類は上に無造作に置かれてました。笑

しっかり乾いていたので問題なしです。

 

シーロムにてバミーヘン(汁なし麺)とバミーナム(汁あり麺)を堪能

シーロム周辺で美味しい店をググってみたら、バミー(中華麺)を使った料理が美味しい店があるという情報が。

ぜひとも食べたい!ということで、11時前くらいに行ってみました。(ビールが買えるのが11時からなのでw)

 

バミーヘンを食べたお店

ググったらヒットしたお店に、とりあえず向かってみることに。

宿泊先のシーロムスペースホステルからは徒歩で約10分。

徒歩10分圏内なら全然余裕です。

営業時間は、10:00~16:00だそうです。夜は営業してないところが結構多いです。

 

入り口付近で、スマホの画面を見せて「これが食べたいんだけど」という旨を伝えましたが、問題なく伝わったようです。

店内の様子はこんな感じ。

11時過ぎだったためか、そこまで混んでいませんでした。食べてる最中にどんどんお客さんが増えてきてました。

 

壁に貼ってあるメニュー表。さっぱり分かりません。笑

お会計のときに、一番下の70のところを指さしてました。私の注文したのは一番下のやつだったようです。

 

到着したバミーヘン。チャーシューと肉ワンタンが入っています。70バーツ。(約238円)

海老ワンタンのが欲しかったのですが、注文ミスのようでした。けれども超美味い!!

例えるならば、タイ風油そばって感じ。油そばほど油っぽくサラッといけちゃいます。カオマンガイとタメ張るくらい好きです。

 

このままだと味が物足りないので、テーブル上に備え付けてある調味料(唐辛子、砂糖、お酢、ナンプラー)などをお好みで加えて自分好みの味に仕上げるそうです。

私はナンプラーをタラーっとかけた味で満足できました。下手に砂糖かけて微妙になるのもイヤですしね。笑 ナンプラーは安全パイです。

 

ちなみにコンビニで買ったビールを持ち込んでも何も言われませんでした。ありがたい!

ビールにメッチャ合う味なので、ビールと一緒に食べると最高です。

 

タニヤ通りのバミー屋

バミーヘンを食べながらググっていると、タニヤ通り「バミーギアオクンギアオムー」というお店があるとの情報が。

シーロムスペースホステルから近いし、こいつは便利!ってことで帰りにちょっと覗いてみることに。

海老ワンタンと肉ワンタンが店頭に並んでいて、屋台特有の賑やかな感じといい匂いにお腹が減ってしまいました。

つい注文してしまいました。

 

んで、届いたのがこちら。

屋台のパラソルが緑色なので写真が変色してますが、実際は透き通った色してます。

 

デカイ。。。

味は、、、めっちゃ美味い!

 

とりあえずワンタンがどちらも美味しいんですよ、これが。

スープも優しい味わいで、寒い時期の腹ペコ状態で食べたら涙が出てきそうなくらい感動できそうです。

 

美味しいんですが、さすがにバミーヘン食べたあとだしキツかったです。

てか、断食(1日だけど)明けでガッツリ食べたらアカンやん。。。ってことで、胃が苦しくなりました。

 

お店の雰囲気は非常に良いです。

バミーヘンもあるみたいだから明日も行こうっと!

シーロム行ったら、この2軒のバミー屋はマジでオススメです。この近辺に美味しいカオマンガイ屋があればバンコク最強の街になるんだけどなぁ。笑

【関連記事】バンコクの絶品タイ料理!辛いものが苦手な人でもペロリと食べられる最強の品々!

 

バミーヘン食べてバミーナムも食べてしまってお腹が苦しいので、シーロムスペースホステルでゆっくりと過ごします。

共有スペースがマジでゆったり出来るので、PC作業もはかどります。

 

8日経過したので、SIMカードを交換

事前にAmazonにて購入しておいたSIMカード2枚は、それぞれ8日用です。

9日目ってことでSIMカードを取り替えます。

(9日目の時点で2GBくらいでした。マックス2.8GB。YouTubeなどを見たりしなければ余裕で持ちます。)

普通のSIM、microSIM、nanoSIMすべてに対応していて、手でパキパキしてnanoSIMまで分解できます。

microSIMなのにnanoまで分解してしまった場合、またくっつければOKかどうかは分かりませんが、大丈夫そうな気がします。

 

パッポン通りのナイトバザールに行ってみた

ナイトバザールと言っても、大抵のものはMBKに売っていると言われています。

けれどもパッポン通りまで近いのでせっかくだしと思い行ってみました。

通ってみた感想としては、日本人が多い!

プロンポン駅周辺でもちょいちょい日本人を見かけたりしましたが、圧倒的な差でシーロム周辺は多いです。

 

ナイトバザールなどの前にMBKに行ってしまったがために素直に楽しめなくなっていて、少しもったいない気分になりました。笑

ちなみにタニヤ通りは車の往来が多すぎて通る気が起きませんでした。

 

ソイカウボーイ、ウォーキングストリート、と行ってみて有名所の歓楽街はあまり合わないと感じていますが、翌日あたり1往復くらいはしようと思います。

 

コンビニで胃をいたわる食べ物を調達

今ハマっているバミーヘンを食べたい気分ではありましたが、胃がシンドいってことで、優しい食事を求めてコンビニに行ったところ、こんな商品がありました。

タイ米と人参とサーモンのお粥のような絵が書いてあり、お湯で戻して食べるタイプです。20バーツくらい。(約68円。)

味付けが微妙なら日本から持ってきた奥能登海水塩を混ぜればいいやと食べてみたところ、普通に美味しいです。

シーフード感が強いお粥って感じで、疲れた胃にはちょうどいいです。

 

それから、玄米ミルクなるものも売ってました。18バーツ(約61円)。

不味いかもなーと思いつつ飲んでみると、これが意外とイケる!笑

例えようのない味ではありますが、悪くありません。

 

他にもアーモンドミルクだったり、ピスタチオミルク、くるみミルクなんかもあったりしたので、一通り飲んでみようと思います。

そんな感じでシーロム周辺をブラついた1日でした。便利でいい街ですわー!

 

9日目を終えての感想

カオマンガイも超美味しいけど、バミーヘンも超美味しいから絶賛オススメしたい!!

 

10日目に続く!

 

スポンサーリンク