スポンサーリンク

約2週間タイに滞在してみて痛感した「このアイテムは本当役に立つから是非持っていった方が良いですよ!」とオススメしたくなるモノだけをピックアップしてご紹介します!

セームタオル(洗車用拭き上げタオル)

「洗車用の拭き上げタオル」です。これはホント便利です。

コレ一枚あれば正直、バスタオルが必要ありません。

タオルと肌触りが違うので慣れるまで違和感があるのと背中が拭きにくいデメリットこそありますが、タオル不要なのはデカイです。

 

現地調達も可能(場所による)

私はセリアで購入して日本から持っていきましたが、バンコクのDAISOでも同じような商品が売っていました。

DAISOの規模としては大きくはありませんが、割とカー用品は充実していた印象です。

 

アソーク駅近くのターミナル21の一番下の階のDAISOには置いてあるのを確認したので現地調達も可能です。

日本で買っていった方が若干安いので、現地でフル活用して帰国時に荷物になるようなら処分して帰るというのも手です。

 

モバイルバッテリー型スマホ充電アダプタ(Anker PowerCore Fusion 5000)

ANKERの「PowerCore Fusion 5000」というモバイルバッテリーを持っていったのですが、ものすごく役に立ちました。

USBポート(差込口)が2つあるので、スマホとタブレット同時充電やパートナーのスマホの充電も出来る良さもあります。

 

現地では、Google Mapを使ったり、Google検索したり、カメラを使ったりとスマホを使う機会が多いので電池の減りも早めです。

使わない合間などで充電しておいたりすれば、電池切れの心配をすることなく安心してスマホを使うことが出来ました。

とても優秀なアイテムです。

 

詳しい情報はコチラの記事(モバイルバッテリーにもなるスマホ充電アダプターがマジ便利)でレビューしていますので是非ごらんください。

 

耳栓

耳栓1セットと予備1セットを持っていきましたが、ご覧の通り予備を使うことはありませんでした。

耳栓があると、行き帰りの飛行機での疲れ方が違いますし、宿泊先のホテルが万が一うるさかった場合でもしっかりと休息できます。

 

アイマスクや不織布マスクももちろん役立つ

アイマスクや不織布マスクなども便利なのは間違いありませんが、別のもので代用できたり現地でも比較的入手しやすいのでピックアップはしていません。

それに引き換え、耳栓はものによって効果が全然違いますので、日本で用意しておいて持っていくと相当役に立ちます。

 

2週間のタイの旅で4箇所目のホステルの隣がディスコだったので、22時~2時くらいまで結構音がしてたんですが、耳栓のおかげで余裕でした。( ̄ー ̄)ニヤリ

 

私が使っているのはコチラの商品です。

400円ちょっとくらいのお値段で8種類も入っているので、自分の耳に合う耳栓にめぐりあえる可能性が高いです。

100均の耳栓も試してみましたが、比較にならないくらい↑の耳栓はしっかりフィットします。

 

旅行時じゃなくても、普段集中したい時などでも活用できる有用なアイテムとして絶賛オススメします!

 

スポンサーリンク