スポンサーリンク

断捨離を始めて、約2年。ついに車の断捨離を実行するときが来ました!笑

関連記事:車を手放そうと思う5つの理由【地方在住】

車買取サポーターに一括査定を依頼してみた

10月26日(金)12:30頃に車買取サポーターのページで、一括査定を依頼。

入力するのは、

  • 生産国
  • メーカー
  • 車種名
  • 年式
  • 走行距離
  • 名前
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 郵便番号
  • 住所

『一括査定をスタート』のボタンをクリックすると、「詳しい査定情報の入力画面」に移ります。

これを入力し、送信すると、

2営業日以内に当サイト提携のコールセンターよりご連絡を差し上げますので、今しばらくお待ちくださいませ。

とアナウンスされます。

 

その10~20分後くらいにメールが届きました。(メールの時刻は、10月26日12:56)

車買取サポーターのページで入力した「詳しい査定情報」をメールで送る必要があるっぽいです。

(多分どっちでも(メールでも車買取サポーターのページでも)OKだと思われます!)

 

 

2営業日以内の連絡というのが、このメールなのかは不明です。

ただ、10月26日(金)に受付をして、土日またいで29日(月)・30日(火)と音沙汰なしなのが気になります。

 

その後、1週間経過しても何の連絡も無いので、放っといて次に行きます。

 

カーネクストで一括査定!

カーネクストという一括査定サイトにて依頼をしてみました。

入力するのは、

  • メーカー
  • 車種名
  • 年式
  • 走行距離
  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス

です。

 

入力→送信後の画面。

↑この画面が表示された直後から、電話がバンバンかかってきました。

カーネクストは最大10社だそうですが、私のところには計3社から電話とメールが来ました。

 

電話の順番

  1. ビッグモーター
  2. ネクステージ
  3. カーセブン

3社ともスグに電話をくれましたが、1社目と話している間はつながらないのでタイミングがものを言いますね。

 

メールの順番

  1. ビッグモーター
  2. カーセブン
  3. ネクステージ

電話対応が迅速だったビッグモーターはメールも早かったです。

カーセブンは、地元の店舗からのメールだったのが他と違っていて、話が早そうでしたがタイミングが合いませんでした。

 

一括査定の見積もり数の多い少ないは車によりけり

「10年落ち、車体カラー赤、走行45,000km、塗装表面のコーティング剥げ」

という値段が付きにくそうなキビシイ条件です。

 

競り合って値上げも見込めないので、値段が付けば良いかなというのが正直なところでした。

=見積もり取る数は多くなくても全然OK。

 

ってことで、タイミング的にちょうど良かったビッグモーターに買い取りしてもらうところに着地しました。

そこらへんの詳細はコチラの記事に書いてます!⇒ 10年落ちのカローラフィールダーを一括査定して売却した話

 

車買取サポーターとカーネクストの比較

今回は、「車買取サポーター」と「カーネクスト」という2つの一括査定サイトを利用しました。

両者の決定的な違いは、「車買い取り店とのやり取りを代理店がするか、ユーザーがするか」です。

 

車買取サポーターの特徴

車買取サポーターの場合は、一括査定プラスという提携業者が代行してくれるようでした。

その後連絡が無いので、どういった流れなのかは不明ですが、電話やメールがバンバン届いて大変ってことが無いのが強みですよね。

 

カーネクストの特徴

それにひきかえ、カーネクストは従来の一括査定よろしくで、電話とメールが一気に来ます。

ただ、数は多くなかったので対応は楽でした。

 

それぞれに合うタイプはこんな人!

  • 時間かかってもいいから、電話対応は出来ればしたくないって人⇒車買取サポーター
  • 電話対応は問題ないが、数は多くないほうが良くて展開早い方がいいって人⇒カーネクスト
  • 査定数多いけど、電話少なくメールで対応できると評判なのが⇒カーセンサー

 

電話対応と言っても、車の情報を伝えて、直接の査定の詳細を決めるだけなので正直楽なもんです。

個人的には話が早いほうが良いので、カーネクストやカーセンサーの方がオススメです。

スポンサーリンク