スポンサーリンク

ミニマリスト的に部屋を活かすとなると、カーテンはかなり重要です。

カーテンは、レースのものと分厚いものの2つで1セットが定番ですが、分厚いカーテンは部屋の印象を重たくします。

 

めちゃ広い部屋ならいいですけどね。

広くない部屋の場合、カーテンの存在感はなるべく抑えて、部屋を広い印象にしたいところです。

 

採光・遮像のレースカーテンが最強説

そこで見つけたのが、「採光・遮像」のレースカーテンです。

 

レースカーテンの良いところは、白く柔らかな印象で部屋を引き立ててくれるところ。

カーテン無しだとどうしても殺風景な部屋になりやすいですが、それをバシッと防いでくれます。

 

普通のレースカーテンの弱点

部屋の印象が軽く明るくなるレースカーテンですが、

  • 透けて見える点。
  • 遮熱性が低く、夏暑く冬寒い。(カーテン無しよりは遥かにマシ)

といった弱点があります。

 

そんな中、

  • 採光性が高い。
  • 遮像効果あり。
  • 遮熱性も高い。
  • UVカットもしてくれる。

というかなり魅力的なレースカーテンを2種類見つけたので比較してみます。

(どちらも帝人が関わっています)

 

shiny veil(シャイニーベール)とエコナチュレの比較

shiny veil エコナチュレ
採光率 22.4%
通常の遮像カーテンの1.5倍
約20%以上
光の拡散 する 不明
UVカット 86.8% 82%
遮熱性 断熱効果率17%以上 断熱効果率25.1%
保温効果率27.4%
洗える? 洗える 家庭用洗濯機で洗える
値段 2,300円(税抜き)~ 1,621円~
特注時の待ち期間 約1~2週間 約1~2週間

 

比較してみると、基本的な部分はほぼほぼ似てますね。

あとは個人的な好みの柄だったり、お値段だったりが選ぶポイントとなると思います。

 

shiny veilとエコナチュレ。最大の違い

最も大きな違いは、

  • shiny veil(シャイニーベール):オーダーメイド専門
  • エコナチュレ:出来合い+オーダーメイド

です。

 

一番お金がかからないのが、”窓の寸法にちょうど合うエコナチュレを購入する”ケースです。

大量生産のうちの一つなので、手間賃が乗っかっていない分かなりお得になります。

 

その反面、エコナチュレはオーダーメイドが高くつきます。

自宅の窓の寸法に合わせて料金比較をしてみたところ、1,000円近い差がでました。(エコナチュレが合計8,000円近くなった)

 

shiny veil(シャイニーベール)の使用感

エコナチュレも捨てがたかったのですが、シャイニーベールにしました。

 

「長さ204cm、幅94cm」で発注しました。7,400円くらいでした。

横幅も詰めることが出来るのは、カーテンのフォルムがシュッとなるのでメチャメチャ便利です。

 

注文から1週間で届きました。

カーテンは折り畳まれ、ビニールにくるまれた状態でした。そこが紙袋に入れられ配送されてきました。

カーテンフックは、あらかじめカーテンに取り付けられていて「あら便利」でした。(大体そうなのかな?)

 

 

取り付けてみてびっくり(´゚д゚`)

 

「これが噂の採光率22.4%か!!」

うーん、写真では感動が伝わりにくい!

でも透けてる感じは無いのに光だけがバーっと入ってくるんですよね。これはスゴイ良いです。

 

まとめ

部屋の立地によっては、「厚手のカーテンが無いと夜暗くできない」などもあるかもしれません。

 

ケースバイケースではありますが、

  • 部屋の雰囲気を重視したい
  • 外から部屋の中が見えにくいレースカーテンを探している
  • 外からの光を多めに取り込みたい


これらにピンと来る方には、shiny veilやエコナチュレはかなりオススメできると思います!

 

スポンサーリンク