スポンサーリンク

西式健康法の中に、平床寝台という板で寝る健康法があります。

【関連記事】板に寝るのは健康的?平床寝台の効果が気になる

 

慣れると結構やみつきになるのですが、1点最大のデメリットがあります。

それは、、、冬、寒い!!!

 

体が冷えるのは、睡眠の質の著しい低下につながります!

急場しのぎで、板の上に一般的なヨガマット(185cm×60cm)を敷き、掛け布団をかけて寝ていました。

 

ヨガマットの面積が狭いせいで段差が出来るし、結構寒いんですよね。

というわけで、

  • 面積の広いヨガマット
  • 封筒型の寝袋(掛け布団に隙間ができない)

をゲットしました!

 

結論から言うと、メチャメチャ良いです!

 

面積の広いヨガマット

長さ200cm、幅130cmというセミダブルくらいのサイズのヨガマットです。

厚みは10mmと15mmの2種類があります。

10mmだとヘタってくると、結構ペタンコになるので15mmにしました。

10mmの商品と600~700円くらいしか違わないのでお得です。

これはかなり良いです。

 

封筒型の寝袋

スノーピークのオフトンにしようかと思っていましたが、こちらにしました。

屋内でしか使わないですし、色味が好きな感じだったのが理由です。

使用快適温度は、0~10℃。2.7kg。洗濯機で丸洗い可。2人でも寝れる。枕付き。

ただ、性能的には当然のことながら、スノーピークのオフトンには及ばないと思います。

冬場、寒い時は中に毛布をいれたり、フリース生地のシュラフを使ったりすれば良いかなと思っています。

 

15mmのヨガマットくらいがちょうどいい

板寝に比べたら弾力がありすぎるように感じますが、柔らかすぎずちょうどいいです。

 

板寝のデメリットは、骨が接する面の皮膚などが痛くなることです。

15mmのヨガマットは、板寝の前段階として導入してみるのもアリかなと思います。

 

冷えないことが大事(※特に足元!)

体が冷えている時って、全然しっかり眠ることが出来ません。

起きたときも体が冷えてるし、睡眠の質が低いから疲れもバッチリ取れてはいないし。

 

掛け布団に隙間ができて、それが原因で布団内が寒くなるだけでも睡眠の質は落ちます。

寝袋であれば、それを防ぐことが出来ます。

 

特に足元に隙間ができないのは本当に効果的です。

ただ、私の購入した寝袋は足元部分に隙間があります。(´;ω;`)

 

Lander(ランダー)寝袋・シュラフ2人用La-sb1の弱点

掛け布団と敷き布団をつなぐファスナーとファスナーの間にちょっとした隙間があるんですよ!

これが地味に寒さにつながるので、クリップやマジックテープで塞いでしまうのが吉です。

 

まとめ

平床寝台は慣れてしまえば気持ちがいいものですが、それに固執して睡眠の質が下がってしまっては本末転倒なんですよね。

そういった失敗を踏まえて、経験則的にヨガマットと寝袋は睡眠の質も下がらないしかなりオススメです!

スポンサーリンク